市長への手紙で寄せられたご意見・ご提言(令和2年8月回答分)

※一部語句を、修正している部分があります。

№1    
題 名 権現山麓エリア整備について
内 容 権現里山保全ネット(三川の住民10人位)では、H25年~H30年まで、国の森林山村多面的事業のもと6年間で12.8haの広葉樹林を整備してまいりました。そのおかげで、約8ha程がカタクリの花の咲く群生地に生まれ変わりました。市有林2.3haもそれに含まれております。しかし、この事業もH30年で終了、現在は、放置されています。このエリアがとてももったいなく、何とか、保守、整備を続ける手だては、ないかと考えております。緑の牧場に隣接して、春のカタクリ、秋の紅葉、権現山からのぞむパノラマ散策路(仮)もございます。私は、観光地化は望みませんが、市の心身健康の森、森林セラピーの地には最適だと考えています。是非、一度ご来遊下さい。カタクリは、3月下旬から4月上旬が見頃です。森の空気も最高です。
西木村のカタクリ園よりスケールが大きく素晴らしいと評をいただいております。
あきた「森のシンフォニー」H29年3月号にも紹介されております。
回 答 権現山里山保全ネットの皆さまにおかれましては、景観を維持する活動として、市有林を含む広大な広葉樹林の整備を実施していただいていることに、深く感謝申し上げます。
権現山麓エリアの保守整備については、残念ながら、市の事業では、活用できるものはありませんが、県の由利地域振興局森づくり推進課へ確認したところ、県の「水と緑の森づくり税事業」により支援できる可能性があると回答をいただいております。
大変お手数をお掛けしますが、由利地域振興局へ詳細をお問い合わせくださいますよう、お願い申しあげます。
なお、その他ご不明な点等ありましたら、大内総合支所産業課へご相談ください。
来年、カタクリの花が見頃を迎える頃には、素晴らしい景観をぜひ見に行きたいと考えております。

№2   
題 名 住み良い環境に役立てられる税金の使いみち
内 容 毎日のお仕事お疲れ様です。
日頃、私の思うこと、私の周りの人達と話していることを今回、このように市長さんに直接伝えることが嬉しく思います。
税金に関して、ここ近年は、雪が少なく、除雪費がかからないと思いますが、残った多額であろう税金を市民のためにもっと役立てていただきたいと思います。市民税はけっこう高いです。
全体的に道路の状態が悪いです。例えば谷地~本荘インターまでの子吉川添いの道路です。(朝、夕の通勤時の交通量が多いところです。)
もう少し市内の道路状態をチェックして早めに道路の補修工事をしていただきたいです。(他の道路も)それと国道7号線本荘~西目まで、高校生が下校時(20時頃)に歩道に外灯が無く危険です。(女子には無理だと思います。)
具体的になりますが、私の住んでる川口地区の時報、放送が聞こえずらい、大学生もいるのに外灯が少なく暗いなどです。市役所の手続きが休日(週末)でもできればとても助かります。
回 答 ○時報・放送について
○○様がお住まいの地域の時報や放送は、南内越公民館付近に設置されている防災行政無線のスピーカーより放送されております。近くには、「保育園」や「高等学校」もあるため、一概に音量を高くすることはできませんが、防災の観点からも放送時の状況を確認し、適宜対応してまいります。

○休日の手続きについて
休日は、日直が市役所地下で戸籍の届け出の受付を行っておりますが、転入転出等が多い年度末や年度初めには、期間と受付時間を限定し市民窓口センターにて窓口業務を行っております。
また、マイナンバーカードをお持ちの方は、年末年始を除き、毎日コンビニエンスストアにて住民票等を取得できるサービスをご利用になれますので、ご活用いただけますと幸いに存じます。

(道路・外灯の件については、担当の建設管理課より直接、聞き取りと、状況の説明を行いご理解をいただいたため、手紙での回答をしておりません。)