熱中症にご注意を

7月から8月は熱中症が急増する時期です。ポイントをおさえて熱中症を予防しましょう。

〈こんな日は熱中症に注意〉
・気温が高い
・風が弱い
・湿度が高い
・急に暑くなった
※熱中症は、室内でも多く発生しています。夜も注意が必要です。

〈思い当たることはありませんか?〉
・のどの渇きを感じない
・エアコンは体が冷えるから嫌だ
・暑さをあまり感じない
・汗をあまりかかない

・屋内では熱中症対策をしていない
~チェックがついた人は熱中症にかかりやすいので注意しましょう~

 
〈特に注意が必要な方〉
(1)高齢者
・体の変化により、「暑さ」やのどの渇きを感じにくくなります
・汗をあまりかけず体内に熱がたまりやすくなります
・体内の水分が不足しやすくなります
~要介護や一人暮らしの方もいらっしゃいます。周囲が見守り、声かけを行いましょう~

(2)乳幼児
・体温を調整する機能が未発達です
・自ら体調不良を訴えたり、適切な衣服の選択・着脱をすることが困難です
・身長が低く、大人よりも地面に近いため、熱を感じやすい環境にいる
・体内の水分量が多く脱水をおこしやすい
~学校の部活動中に熱中症で倒れる場合もあります。周囲が見守り、声かけを行いましょう~
~乳幼児を高温の車内に放置することは絶対にやめましょう~
 
〈熱中症予防のポイント〉
(1)水分補給
・のどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給しましょう
・スポーツ飲料などで、水分だけでなく塩分も補給しましょう
(2)暑さを避ける
・日傘や帽子、通気性の良い衣服を着用しましょう
・節電を意識しすぎず、上手に冷房を活用しましょう
(3)汗をかける体力づくり
・日頃から運動を習慣づけ、暑さに備えた体作りをしましょう
 「ややきつい」と感じる運動の後30分以内にコップ一杯の牛乳を
 摂取すれば、熱中症になりにくい体になることが分かっています。
 牛乳が苦手な人は、ヨーグルトにジャムなど糖分を加えれば、同じ効果があります。
     
 
〈熱中症になってしまったら…〉
のどが渇いて頭痛がする、心臓がドキドキして吐き気や倦怠感がある…これらも熱中症の症状です
※意識がなかったり、けいれんなどの症状がある場合にはすぐに救急車を呼びましょう

~応急処置~
・風通しの良い日陰や冷房の効いている場所に移動しましょう
・靴や靴下を脱がせ、衣服をゆるめて体を楽にしましょう
・氷などで首の側面や脇の下、太ももの付け根を冷やしましょう
・スポーツ飲料や経口補水液を飲みましょう