一日警察署長・三浦さんが交通安全を呼びかけ ~広報広聴課~

 由利本荘警察署(後藤博一署長)の一日署長に三浦千尋さん(市総務課)が委嘱され、10日、市内の事業所を訪問し交通安全を呼びかけました。

 一日署長の委嘱を受ける三浦さん

 一日署長は、6日から始まった「春の交通安全運動」の一環。委嘱書の交付にあたり、後藤署長は「当管内では昨年、交通事故で10人の尊い命が失われており、その半数以上を高齢者の方が占めている。今年も若者一人が亡くなるなど、依然厳しい情勢であり、子どもや高齢者への配慮、思いやりを持った運転が定着するよう、ご協力をお願いします」とあいさつしました。

 制服に身を包んだ三浦さんはこの後、安全運転管理者協会長とともに岩城地域、大内地域、東由利地域の安全運転管理者選任事業所を訪問。

  JA秋田しんせい大内総合支店を訪問

 交通事故のない、安全で安心して暮らせる秋田の交通の再生をめざす県民運動「交通ルネサンス秋田2008運動」の展開にあたって交通安全メッセージとシートベルト全席着用推進モデル事業所指定旗を手渡し、「さらに安全運転管理と交通事故防止に努めてください」と訴えました。

 市大内総合支所で