タイ王国バンコク市4校

 平成27年度(2015年)から観光誘客を目的として、タイに市長のトップセールスを行ってきました。
 タイの首都バンコクの学校では教育旅行を推進していることから、本市への教育旅行を提案したところ、本市と学校との相互交流を目的とした覚書締結の提案を受け、令和元年(2019年)7月にタイ王国4校と教育・文化などの交流を目的とした「覚書(MOU)」を締結しました。

教育交流締結校の紹介

○バンコククリスチャンカレッジ
160年以上の歴史を持つ、タイ王国最古の学校で男子校。生徒数は約4,800人。サッカーの強豪校としても有名。

○ワチュラウッド王立学校
タイ王国唯一の王立学校で男子校。学業だけでなくスポーツや音楽も盛ん。生徒数は約800人。

○ワッタナウィタヤアカデミー
140年以上の歴史を持つ、タイ初のキリスト教系女子学校及び幼稚園。生徒数は約2,500人。

○サットリーワットマハプッタラム女子学校
100年以上の歴史を持つ、公立の女子校。生徒数は約2,100人。日本との教育交流は本市が初めて。

覚書締結
令和元年(2019年)7月2日 MOU調印式


平成31年(2019年)4月15日 ワッタナウィタヤアカデミー市長表敬訪問