本荘由利地域定住自立圏の形成について

●本荘由利地域定住自立圏の形成について

 平成30年12月25日、由利本荘市はにかほ市と協定を締結し、本荘由利地域定住自立圏を形成しました。

 定住自立圏は、圏域ごとに「集約とネットワーク」の考え方に基づき,中心市(中心地域)において圏域全体の暮らしに必要な都市機能を集約的に整備するとともに,周辺市町村(周辺地域)において必要な生活機能を確保し,農林水産業の振興や豊かな自然環境の保全等を図るなど,互いに連携・協力することにより,圏域全体の活性化を図ることを目的としています。
 本荘由利地域定住自立圏では由利本荘市が中心市となり、にかほ市と互いに連携・協力をしながら、人口減少対策をはじめとした取り組みを強化してまいります。


●本荘由利地域定住自立圏共生ビジョンの策定

 圏域の将来像及び定住自立圏形成協定に基づき推進する具体的な取組内容等を記載する「本荘由利地域定住自立圏共生ビジョン」の策定に資するため、本荘由利地域定住自立圏共生ビジョン懇談会(以下「懇談会」という。)を設置し、平成31年2月28日(木)に第1回懇談会、3月28日(木)に第2回懇談会を開催いたしました。

 懇談会におけるご意見を反映し、「本荘由利地域定住自立圏共生ビジョン」を策定しましたので公表します。
 この共生ビジョンは、毎年度、推進要綱で定められた必要な手続きを経て、所要の変更を行うこととしています。