由利本荘市総合計画「新創造ビジョン」の策定について

 由利本荘市(以下「本市」という。)では、本荘由利一市七町が合併する際に策定した「新市まちづくり計画」を基に、合併後の社会経済情勢の変化による主要事業の見直しなどを盛り込んだ本市のまちづくりの指針として「由利本荘市総合発展計画」を平成18年3月に策定しました。この総合発展計画に基づき、平成17年度から26年度までの10年間にわたり、長期的な展望によるまちづくりを着実に展開してまいりました。
 これまでの本市の直面する重層的な課題をしっかりと受け止めた上で、市民とともに次の10年に向けたまちづくりの基本理念を始め、中長期的な展望に立った重点戦略と基本政策を定め、新たなまちづくりの実現に向けて、全市的な取り組みを展開するため、平成27年度から36年度までにわたる由利本荘市総合計画「新創造ビジョン」を策定するものです。