新築・改築の際の配線(例)

○新築住宅のケーブルテレビ対応配線

 住まいを新築・改築予定の皆さんへ
 照明やコンセント、スイッチなどの電気配線と同様、テレビ配線も計画的に考えることが必要です。
 ケーブルテレビの場合、屋根上のアンテナが不要なため外観の美感を損なうことなく、スッキリとした配線が実現できます。
 設計段階の参考としてください。

○配線例


○CATVセンターの工事範囲について

  • 所有区分及び維持管理は、保安器(SB)を責任分界点とします。
  • 外部引込線工事及び保安器取付けまでは、CATVセンターにて施工します。

○設備工事施工上のお願い

  • 宅内配線ケーブルは、全て5C-FB以上を使用してください。
  • 各部屋の配線は送り配線にせず、各々端末になるよう並列配線にしてください。
  • 分配器は、金属製のものをご利用ください。(プラスチック製不可)
  • 分配器、ブースター等の取付場所は、点検できる場所に設置してください。
  • テレビを6台以上接続する場合は、ブースターが必要となる場合があります。
  • CATVブースター(増幅器)は、770MHz双方向型を取付けてください。ブースターの近くにはブースター用電源(AC100V)が必要となります。

注)テレビ6台以内であれば、ブースターは必要ない場合もありますので、施工の工務店及び電気店にご相談ください。

  • 壁のテレビ端子は端末用でハイパスフィルタ内蔵のシールド型をご使用ください。
  • テレビ端子は、入力がF型接栓のものをご使用ください。
  • 引込みポールをご使用の際は、電力・NTT・ケーブルテレビの3系統用をご使用ください。

注)同軸ケーブルの3C-2V、5C-2V、5C-FV等は利用できません。必ずシールド性の高い5C-FB以上をご使用ください。