ふるさと納税(寄附)「ふるさとさくら基金」の使い道について

由利本荘市では、寄附金の使途を明確にするため、「ふるさとさくら基金」を設置し、下記の事業に活用させていただきます。

●活用事業(令和3年度実績)
1).さくら満開まちづくり推進事業
2).次代を担う子どもたちの活動支援事業
3).地場産品の販売促進に関する事業
4).由利本荘市まちづくり協議会による提言に基づく事業
5).トップアスリートによるスポーツ振興事業

上記の事業のほか、市長が適当と認める事業に活用されます。 

本市では、観光と一体となったにぎわいのあるまちづくりを実現するため、市花であるさくらを活用しておりますが、さくらの維持管理を目的とした防疫薬剤の散布や施肥、剪定、その他植樹を行っており、その活動の一部に寄附金を活用しました。

【具体例:桜維持管理】
由利本荘市石沢地区にある「絆の茂里(もり)」公園での薬剤散布の様子と、見頃を迎えた同公園のさくらの様子です。その他、「由利高原ふれあい農場」での剪定作業や「宿河川公園」での八重桜植樹作業など、市内15カ所以上で関連する作業を実施いたしました。
今年の春には見事なさくらが咲き誇り、訪れた皆様に本市の魅力を大いに感じていただきました。
 ​​​​​​

     絆の茂里公園 春期薬剤散布               絆の茂里公園 さくらの様子

 

2).次代を担う子どもたちの活動支援事業

本市では、未来を担う子どもたちが、楽しくすくすく育つまちを推進するため、安心して出産・子育てできる環境整備と教育の充実を図っており、その活動の一部に寄附金を活用しました。

【具体例:遊具整備】
由利本荘市西目地区にある西目児童館のチェーンネットを撤去し、サーキュラーキャッスルを設置しました。また、東由利地区にある黄桜温泉「湯楽里」裏広場のボールスイングのロープ・ボールを全て新しいものに交換いたしました。
雪が溶け暖かくなると、訪れた子どもたちが遊具を使って楽しそうに遊んでいました。

 
        西目「中央児童館」               東由利「湯楽里」裏広場 

【具体例:児童生徒育成】
本市の小学生を対象に、市内の伝統文化や魅力を学ぶ「学ぶん・チャレンジ・プログラムツアー」を実施しました。普段、触れる機会の少ない文化を目の当たりにした子どもたちは、興味深そうにツアーを楽しんでいました。
また、市内保育所、認定こども園に入園する3歳児以上の園児の副食費の全額助成を行いました。対象となる園児の保護者からは、「家計への負担が減り、大変助かります」との声が寄せられております。

 
   学ぶん・チャレンジ・プログラムツアー            副食費の全額補助

 

3).地場産品の販売促進に関する事業

本市では、地域資源を最大限にいかし、魅力あふれる地域づくりを推進するため、地場産品を市内外へ広く発信する取り組みを行っており、その活動の一部に寄附金を活用しました。

【具体例:由利本荘市ふるさと納税感謝祭開催】
ふるさと納税寄附者が多い首都圏で、ふるさと納税受付サイトでは伝わらない返礼品の魅力をより多くの人に感じてもらうため、試食販売やPR販売を実施いたしました。
大変多くのお客様にブースへお越しいただき、本市産品のPRを実施できました。

 
  東京都世田谷区 スーパー「ナショナル田園」    千葉県柏市 スーパー「京北スーパーアプリス店」 
 
【具体例:本市産品の売り込み】
本市産品の「外貨獲得」を目的として、首都圏等のバイヤーを本市に招聘いたしました。バイヤーが「産地と生産者等」を直接視察することで、商品に対するこだわりや本市の魅力を肌で感じていただきました。また、本市事業者が製造する商品に対する意見交換を実施し、新商品開発、ならびに既存商品改良に繋げる取り組みも行いました。

 ​​​​​​
        バイヤー招聘の様子               商品開発・改良協議の様子

 

4).由利本荘市まちづくり協議会による提言に基づく事業

本市では、市民と行政との協働によるまちづくりを推進するため、地域の課題解決や活性化を図る取り組みを行っており、その活動の一部に寄附金を活用しました。

【具体例:売れるものづくりの推進】
本市産品の市内外への魅力向上を目指し、本市の新しいおみやげ開発を推進しておりますが、その開発経費の一部を支援いたしました。開発された新商品は、秋田県内の道の駅や空港などで取り扱いされることとなりました。

 ​​​​​​
      雪の茅舎 ばうむくっきー            えごま入り甘辛米こうじおかず味噌

【具体例:地域魅力発信事業】
本市の隠れた魅力をより多くの方へ発信するため、「芋川桜づつみ」の案内看板を市内3カ所に設置いたしました。また、四季を通した大内の魅力をまとめたガイドマップ「大内の四季散策マップ」を3000部、作成・配布いたしました。実際に看板やマップを目にした方からの反響もあり、本市の魅力再認識につながりました。

                                
                  川桜づつみの案内看板設置         大内の魅力ガイドマップ「大内の四季散策マップ」作成

 

5).トップアスリート等によるスポーツ振興事業

本市では、「スポーツ立市由利本荘」を宣言し、「する」「観る」「支える」スポーツを通して躍動と活力あふれるまちづくりを推進しております。また、由利本荘アリーナを核として本市が有するスポーツ施設・資源を活用し、スポーツ大会やイベント、スポーツ合宿等を誘致することで、スポーツを通じた地域活性化や交流人口の拡大を図っており、その活動の一部に寄附金を活用しました。

【具体例:トップリーグ公式戦の開催】
男子プロバスケットボールBリーグ公式戦2試合、女子プロバスケットボールWリーグ公式戦2試合を、ナイスアリーナで開催いたしました。どちらの試合も熱戦が繰り広げられ、会場は大いに賑わっておりました。

 
  秋田ノーザンハピネッツ ホームゲーム開催        アランマーレ秋田 ホームゲーム開催

【具体例:日本代表合宿の開催】
バドミントン日本代表(B代表)強化合宿、フェンシング日本代表(男女サーブル種目)東京オリンピック事前合宿をナイスアリーナで開催いたしました。普段目にすることのない日本トップレベルの練習風景やレベルの高い技術を多くの市民にご見学いただきました。

 
  バドミントン日本代表(B代表)強化合宿開催      フェンシング日本代表(男女サーブル種目)
                             東京オリンピック事前合宿開催

●これまでの寄附金実績と「ふるさとさくら基金」事業実績
これまでの寄附金実績と「ふるさとさくら基金」の事業実績はこちらです。 

●令和4年度からふるさとさくら基金の充当事業は、下記事業名に変更となりました。
(1)地場産業の振興に関する事業
(2)住みよい環境をつくる事業
(3)災害に備え安全・安心を高める事業
(4)子育てしやすい環境をつくる事業
(5)共に助け合いすべての人が健康で暮らせる事業
(6)子どもたちの未来づくりに関する事業
(7)芸術・文化・スポーツに親しめる事業
(8)市民が取り組む魅力あふれる事業
(9)その他市長が適当と認める事業