由利本荘市が発注する工事における技術者等の取扱いについて

 公共工事においては、現場代理人、主任技術者・監理技術者の配置が必要となるほか、建設業の許可要件として、建設業者は営業所ごとに専任の技術者を置かなければならないこととされています。

 由利本荘市が発注する工事における技術者等は別添のとおり取り扱うものとします。

  ※技術者等の兼務手続き(申請等)についても、これに基づき行うこととなります。

 秋田県が県発注工事における総合的な担い手・施工確保対策の一環として、また、災害復旧工事等の円滑な施工を確保するため現場代理人の常駐義務を緩和することとしたため、由利本荘市においても秋田県同様の緩和措置を行うこととします。(H30.2.1)

 具体的な緩和の内容は、下記「関連ファイル」の新旧対照表等によりご確認ください。