園芸産地における事業継続強化対策の令和4年度要望を受け付けます

園芸産地における事業継続強化対策とは

 自然災害の発生に備え、災害に強い産地を形成するため、園芸産地における非常時の対応能力向上に向けた複数農業者による事業継続計画(BCP)の策定を支援し、また、BCPの実行に必要な体制整備やBCPの実行に必要な取組を支援します。

事業の内容

1.園芸産地における事業継続計画の検討及び策定、非常時の協力体制の整備【補助率:定額】
 ・事業継続計画策定に向けた検討会の開催
 ・非常時の協力体制整備に向けた検討会の開催
 ・事業継続計画の推進に向けた講習会の開催及びマニュアル作成

2.園芸産地における事業継続計画の実践
(1)自力施工等の技能習得、災害復旧の実証【補助率:定額】
 ・農業者自らがハウスの補強や復旧を行うための自力施工講習会の開催
 ・技能習得のために外部で行われる研修会等の受講
 ・災害による被害が生じた後に、協力体制や自力施工の技術を活用してハウスの復旧を行う実証の取組
(2)既存ハウスの補強等の被害防止対策【補助率:1/2】
 【対象:今後10年以上の利用が見込まれるハウス】
 ・ハウス本体の補強
 ・防風ネットの設置
 ・耐候性を発揮させるための融雪装置等
 ・停電時の機能維持のための非常用電源の導入(共同利用に限る)

取組主体

 都道府県、市町村、農業協同組合、地域農業再生協議会、農業者の組織する団体等

補助対象要件

 ・都道府県が策定した事業継続推進計画に位置付けられた取組であること
 ・「(2)既存ハウスの補強等の被害防止対策」については以下の全てを満たすこと
  ①1の取組を併せて実施していること
  ②個々の経営体で事業継続計画を策定すること
  ③取組対象者は収入保険に加入すること
  ④対象施設が園芸施設共済又は民間保険に加入すること

要望締め切り

 要望がありましたら令和4年1月19日(水)までに下記お問合せ先までお知らせください。