暖冬による農作物の被害防止対策について

今冬は1月以降気温が高く、降雪量が少ない状況です。仙台管区気象台が2月25日に発表した3か月予報によると、「向こう3か月の平均気温は高く、3月の降水量は平年並みまたは少ない、4月と5月の降水量はほぼ平年並み」と予想されています。このため、暖冬による農作物等への影響が懸念されることから、下記リンク先のファイルにて被害防止対策をご確認いただき、被害防止に努めてください。

○内容
・水稲、小麦、野菜、花き、果樹の被害防止対策について