多面的機能支払交付金について

多面的機能支払交付金は、農地維持支払交付金と資源向上支払交付金から構成されます。

【農地維持支払交付金】
  地域共同による農用地、水路、農道等の地域資源の基礎的な保全管理活動および地域資源の適切な
  保全管理のための推進活動に取り組む広域活動組織または活動組織に対して活動計画に定める活動
  期間を通して交付される交付金。

【資源向上支払交付金】
  地域資源の質的向上を図る共同活動および施設の長寿命化のための活動等に取り組む広域活動組織
  または活動組織が行う以下の活動に対して活動計画に定める活動期間を通して交付される交付金。
  (1)地域資源の質的向上を図る共同活動
  (2)施設の長寿命化のための活動
  (3)組織の広域化・体制強化


○対象組織
  多面的機能支払交付金を活用した取組を行うためには、活動組織または広域活動組織のいずれかを
  設立する必要があります。

○対象活動
[農地維持支払交付金]
  ①地域資源の基礎的な保全活動
  (施設の点検、農地法面・水路・農道の草刈り、水路の泥上げ、農道の路面維持など)
  ②地域資源の適切な保全管理のための推進活動
  (農業者による検討会、地域住民等との意見交換・ワークショップ・交流会など)
[資源向上支払交付金(共同)]
  ①施設の軽微な補修
  (水路のひび割れ補修、農道の部分補修など)
  ②農村環境保全活動
  (地域住民との交流活動、水質調査、植栽活動など)
  ③多面的機能の増進を図る活動
  (農地周りの環境改善活動の強化、農村文化の伝承を通じた農村コミュニティの強化など)
[資源向上支払交付金(長寿命化)]
  施設の長寿命化のための活動 ※工事1件あたりの費用は200万円未満
  (未舗装農道の舗装、コンクリート水路の更新、ゲート・バルブの更新など)

○交付単価(円/10a)
 

 ※1 : 農地・水保全管理支払の取組を含め5年以上実施した地区は、②の単価に0.75を乗じた額になります。          
   ※2 : ②の資源向上支払(共同)は、①の農地維持支払と併せて取り組むことが基本になります。           
   ※3 : 多面的機能の増進を図る活動に取り組めない地区は、単価は5/6を乗じた額になります。           
   ※4 : 水路や農道などの施設の補修や更新を実施します。           
   ※5 : 本単価は交付上限額になります。           
              なお、広域活動組織の規模を満たさず、かつ直営施工を実施しない地区は、単価は5/6を乗じた額になります。           
   ※6 : 広域活動組織の規模を満たさない場合、③の交付上限額は、保全管理する区域内に存在する集落数に200万円を乗じた           
              額と上記単価に対象農用地面積を乗じた額の小さい額となります。           
   ※7 : ②および③に一緒に取り組む地区は、②の単価は0.75を乗じた額になります。           
              したがって、①、②および③に一緒に取り組む場合、田では合計で9,200円/10aになります。           
   ※8 : 事業計画期間中に畑地化する場合、当該期間中においては、農地維持支払の交付単価は地目変更前の単価を適用します。           
   ※9 : 畑には樹園地を含みます。