「高収益作物次期作支援交付金」に関するお知らせ

●高収益作物次期作支援交付金とは

 新型コロナウイルス感染症の発生により、売り上げが減少するなどの影響を受けた
 野菜、花き、果樹、茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者
 に対して、以下の取り組みを行った作付面積に応じて交付金を支給します。
 

●事業概要について

 1.交付対象者

 令和2年2月から4月の間に、野菜、花き、果樹、茶について、
 出荷実績がある生産者、または廃棄などにより出荷できなかった生産者。

 

 2.事業の内容

 高収益作物の次期作(令和2年度)に向けた取り組みについて、次のとおり支援します。
 ※パンフレットについては、下記「関連ファイル」をご確認ください。
 ※取組項目一覧については、下記「関連ファイル」をご確認ください。

 

(1)次期作に前向きに取り組む生産者への支援

 ≪交付単価≫
 ・野菜等を作付けする場合:10aあたり5万円
 ・施設栽培の花き、大葉及びわさび:10aあたり80万円
 ・施設栽培のマンゴー、おうとう及びブドウ:10aあたり25万円
  ※施設条件:加温装置(空調装置)、またはかん水装置がある施設(いわゆる雨よけハウスは除く)

 ≪交付対象面積≫
 ・同じほ場で、取組項目①~⑧(取組項目一覧)を2つ以上実施した面積
 

(2)需要促進に取り組む生産者への支援

 ≪交付単価≫
 ・10aあたり2万円

 ≪交付対象面積≫
 高収益作物の次期作において、国が定める取り組み(取組項目一覧)のうち1つ以上実施する面積


(3)厳選出荷に取り組む生産者への支援

 ≪交付単価≫
 ・1人1日あたり2,200円

 ≪交付要件≫
 ・高品質な花き茶を厳選して出荷すること。
 

●申請手続きについて

 1.必要書類について

 (1)令和2年度高収益作物次期作支援交付金申請書
 (2)取組計画書
 (3)令和2年2月から4月の出荷伝票、領収書など出荷したことがわかる書類の写し
(廃棄などで出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類と今年産
の廃棄の理由書を添付してください。)
 (4)交付対象となるほ場の栽培面積・地目・地番等がわかる資料
※申請書などを印刷する場合は、下記「関連ファイル」からダウンロードしてください。
(様式は今後変更になる可能性があります。)
 

2.提出期限について

 提出期限:令和 2年 8月21日(必着)

 ※国のスケジュールによっては、今後変更することがあります。
 ※国による審査がありますので、申請されても採択されない場合もありますので、
ご了承願います。
 

3.提出先・問い合わせ窓口

 ・JA秋田しんせい各営農センター
 ・由利本荘市地域農業再生協議会事務局 (由利本荘市農業振興課)
 

詳細については、農林水産省の「高収益作物次期作支援交付金」の
ホームページ(下記クリック)をご確認ください。

農林水産省HP「高収益作物次期作支援交付金」