【飲食業関連事業者緊急支援金(9月27日~11月12日受付)】

1.概要
 
新型コロナウイルス感染症の影響が大きい飲食業関連事業者に対して
 「由利本荘市飲食業関連事業者緊急支援金」を給付します。


2.要件

 下記のすべての要件を満たしている事業者とします。
(1)由利本荘市内に本社や主たる事業所を有する飲食業関連事業者であり、
   今後も事業を継続する意思があること。
   ※本支援金における「飲食業関連事業者」とは、市内の飲食店向けに業務用の商品を卸している
    事業者をいいます。
(2)令和3年6月1日以前に開業していること。
(3)令和3年4月から8月までの間に市内の飲食店と直接的な取引があったことを確認できること。
(4)税務申告をしていること。
   ※令和3年に開業した場合を除く。
(5)令和元年の年間総売上高が120万円以上であること。
   ※平成31年2月以降に開業した場合は、開業以降1年間の売上高を「年間売上高」とみなします。
    また、開業から1年を経過していない場合は、開業以降令和3年7月までの月別売上高の平均に
    12を乗じたものを「年間売上高」とみなします。
(6)令和3年8月の売上高が前年8月または前々年8月と比較して20%以上減少していること、
   もしくは直近決算期の年間売売上高が前年度または前々年度と比較して20%以上減少していること。
   ※令和2年8月以降に開業した場合は、令和3年8月の売上高が令和3年6月~8月の月別売上高の平均と
    比較して20%以上減少していること。
(7)次に該当しないこと
  ・由利本荘市暴力団排除条例第2条第1号及び第2号
  ・法人税法別表第1に規定する公共法人
  ・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に規定する
   「性風俗関連特殊営業」および当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う方
  ・政治団体、宗教上の組織又は団体

3.給付金額
  ・1事業者あたり10万円

4.申請手続

◇申請受付期間:令和3年9月27日(月)~令和3年11月12日(金)       
 
◇申請に必要な書類
(1)申請書
(2)誓約書 
(3)税務申告書控えのコピー
(4)令和3年に開業した場合は、開業以降の月別売上高がわかる書類(売上台帳など)のコピー
(5)申請書の項目3に記入する(A)(B)の売上高がわかる書類(売上台帳など)のコピー
(6)令和3年4月から8月までの間に市内飲食店に商品を卸していることがわかる書類のコピー
   ※納品書や領収書などで、「取引先飲食店名」「申請事業者名」「日付」の3点が明記されているもの
(7)振込口座が分かる通帳等のコピー
(8)個人事業主の場合は、本人確認書類のコピー
 
◇申請の方法:郵送または専用ボックスへの投函による申請とします。
       ※専用ボックスは、市役所本庁舎1階総合案内付近・各総合支所に設置しています。
       
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、窓口での相談・申請はご遠慮願います。
 記入方法やその他お問い合わせについては、下記までお願いいたします。


別添の申請要項をよく確認の上、申請してください。