国登録有形文化財

由利本荘市の国登録有形文化財

由利本荘市には、12件38棟の登録有形文化財があります。

種別(部門) 登録名称 等 登録日
有形文化財(建造物)  齋彌酒造店住宅・店舗 ほか  平成10年 9月 2日
有形文化財(建造物)  佐々木家住宅主屋 ほか  平成14年 2月14日
有形文化財(建造物)  金嶺山龍源寺本堂  平成16年 3月 2日
有形文化財(建造物)  八 森 苑  平成16年 3月 2日
有形文化財(建造物)  大井家住宅主屋  平成16年11月 8日
有形文化財(建造物)  吉沢神明社本殿 ほか  平成16年 6月 9日
有形文化財(建造物)  森子大物忌神社本殿 ほか  平成23年 7月25日
有形文化財(建造物)  旧鮎川小学校屋内運動場 ほか  平成24年 2月23日
有形文化財(建造物)  長谷寺大仏殿  平成25年12月24日
有形文化財(建造物)  松ヶ崎八幡神社本殿 ほか  平成27年11月17日
有形文化財(建造物)  佐々木利三郎家住宅主屋 ほか  平成28年11月29日
有形文化財(建造物)  旧大倉沢報徳館  平成30年 3月27日
 


登録有形文化財とは? 

 築後50年以上が経過し、歴史的景観や造形に優れていて、再現が容易ではないと認められるものが対象となります。厳しい規制がある指定制度とは異なり、外観を大きく変えなければ改修や改装も認められる比較的緩やかな保護制度です。
 都市開発や生活様式などの変化により、消滅が危ぶまれる近代建造物を後世に受け継ぐために1996年(平成8年)に設けられた「文化財登録制度」に基づいています。