由利本荘市消防署

令和3年4月1日より由利本荘市消防署に名称が変更になります。

いつ起こるかわからない地震。

以下に対策ポイントをまとめてみました。

★家具類の転倒、落下防止を実施する。

 転倒防止金具などで固定し、倒れにくくしましょう。また、棚やタンスなどの高いところには、あらかじめ危険な物を載せて置かないようにしましょう。

★非常用持ち出し袋や家庭用備蓄品を準備する。

 電気・ガス・水道の供給停止時でも食べられる非常食や生活必需品、保険証や身分証明書等のコピーなどを備えましょう。

★風呂場の水は、翌日の風呂掃除までは抜かない。

 地震で水道が止まってしまった時、トイレを流す水や洗濯用水として使えます。
用を足した後水がないとどうしようもありません。 また、消火の備えにもなります。

★懐中電灯とラジオは分かるところに置いておく。

 色々と震災グッズが売られていますが、何よりこの二つは必須です。
夜中の地震で停電になってしまうと、本当に何もできません。
このときに懐中電灯があるのとないのとは、全く違います。 
携帯電話やスマートフォンでも代用できますがバッテリーの消耗に注意しましょう。

★家族で避難場所や避難経路、ハザードマップを確認しておく。

 いざというときにすぐに避難できるよう、常日頃から家族で確認しておきましょう。
 

あ


地震による被害、特に死傷者などの人的被害をできるかぎり少なくするためには、日ごろから家族や近所の方々と地震への対策を話し合い、すぐに行動できるようにしておくことが大切です。 

ポンプ車

〒015-0801
 秋田県由利本荘市美倉町27番地2(消防庁舎3階)
 TEL 0184-22-0011 
※令和3年4月1日からFAX番号が変更となります。
 ご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程よろしくお願いします。
 新FAX番号:0184-23-2748 旧FAX番号:0184-23-2150 

組織の概要

 警防班 救助班 救急班 予防班 機械整備班 庶務班
                                                         

配備車両

消防ポンプ自動車消防ポンプ自動車 
水槽付消防ポンプ自動車水槽付消防ポンプ自動車 水槽付消防ポンプ自動車

小型動力ポンプ付水槽車小型動力ポンプ付水槽車その1

救助工作車救助工作車救助艇救助艇

高規格救急自動車高規格救急自動車その1高規格救急自動車その2

災害現場指揮車指揮車資機材搬送車資機材搬送車

指令広報車  指揮車

先端屈折梯子付消防ポンプ自動車はしご車画像