ガソリンを携行缶で購入される皆様へ

 令和元年7月に発生した京都府京都市伏見区の爆発火災を受け、同様の事案の発生抑止とガソリンの適正な使用を徹底するため、ガソリンスタンド等でガソリンを携行缶で購入される方に対して、令和2年2月1日より次のことが消防法で義務付けられました。
 顧客の本人確認(運転免許証の提示など)
 使用目的の確認を行うとともに、販売記録を作成すること
市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
本人確認

<ガソリンを取り扱うときの注意事項>
注意事項

 
資料:総務省消防庁ホームページより

広報用リーフレット

ガソリンの取扱いに関する通知等