スプレー缶の爆発火災防止について

shouta 平成30年12月16日、札幌市において大量のエアゾール製品の内容物が屋内で噴射され、これに引火したことが原因とみられる爆発・火災事故が発生したことに関して、原因調査が進められているところですが、スプレー缶(エアゾール缶)の処理については次のとおりお願いいたします。

1 缶を手で振って中身の有無を確認してください。

2 必ず中身を使い切りましょう。

「シャカシャカ」「チャプチャプ」など音がしたら、まだ中身が残っています。
・ガス抜きキャップが付いている場合・・・「ガス抜きキャップ」で出し切ってください。
・ガス抜きキャップが付いていない場合・・・スプレーボタン押して完全に出し切ってください。

3 中身を使い切った後、缶に穴をあけて燃えないごみに出しましょう。

※上記の作業は、必ず火の気のない風通しの良い屋外で行ってください。

参考資料→一般社団法人日本エアゾール協会リーフレット(PDF)