古い消火器の取扱いとリサイクルについて

古い消火器の破裂による人身事故が発生しています。

事故を未然に防ぐため、次のような消火器は使用しないでください。
○ 本体やレバーが腐食しているもの
○ 本体が変形しているもの
○ 本体の底や溶接部が腐食しているもの
一覧

消火器を設置するときは次のことに注意してください。
○ 直接地面や雨水のかかる場所には設置しない
○ 時々点検し、さびや傷がないか確認する
○ さびや変形のあるものは火災や訓練でも使用せず、処分する

由利本荘市内の主な不要消火器引き取り可能事業所一覧
消火器

※引き取り料は、各店にお問い合わせください。
 搬送等の際には、取扱いに十分注意してください。
 上記以外にも、取扱事業所があると思われますので、購入先又は専門業者にお問い合わせください。
 なお、消火器のリサイクルに関しては、次をご確認ください。

 

1消火器のリサイクルに関するお問い合わせ・窓口のご案内
 インターネットでのリサイクル窓口検索について
 
消火器リサイクル推進センターホームページの「リサイクル窓口検索」で、回収窓口がご確認いただけます。
 消火器リサイクル窓口検索画面 http://www.ferpc.jp/accept/
 リサイクル窓口案内 03-5829-6773
 
(受付時間9:00~17:00、土日祝日・休日及び12:00~13:00除く)
 ホームページ http://www.ferpc.jp/

2ゆうパックによる回収方法のご案内消火器(箱)
 エコサイクルセンター
 
ゆうパックによる回収はお電話での事前申込が必要となります。
 ゆうパック専用コールセンター 0120-822-306
 
(受付時間9:00~17:00、土日祝日・休日及び12:00~13:00除く)
 ゆうパック専用ホームページ http://www.ferecycle.jp/

3リサイクル対象品目
 国内で製造された消火器は、リサイクル処分できます。
 
エアゾール(スプレー)式消火器具や外国製の消火器は対象外となります。
 (処分方法については製造元または販売元にお問い合わせ下さい。)