住宅用火災警報器が鳴ったら・・・

 その後の行動が大事

 住宅用火災警報器を設置したからといって、安心してはいけません。
 実際に警報が鳴った時にはどうすればいいか、確認しておきましょう。

 

   

 

  まずは確認

   火災警報器の鳴っている付近を確認します。
   煙が出ていませんか? 炎は上がっていませんか? 焦げ臭くはないですか?

 

火災でなかったら

  あやまって作動(ゴミ、虫、湯気、結露等で作動する場合があります。)したことが確認できれば、ボタンを押す

  か、ヒモを引いて警報を止めます。(メーカーによって異なりますので必ず説明書を確認してください。)

  その後、家族や近隣の人に火災ではなかったことを知らせましょう。

 

  くん煙式の殺虫剤を使用すると、火災警報器(煙式)が作動します。あらかじめ警報器本体を取り外すか、ビニ

  ール袋でうか又は電池を取り外すなどしてください。

  なお、殺虫作業が終了したら必ず元の状態に戻し、正常に作動するか点検を行ってください。

 

  電池切れのとき

    短い音でピッ・・・ピッ・・・と一定の間隔で鳴る場合は電池切れの注意音です。(メーカーによって異なります

    ので必ず説明書を確認してください。)

    電池を新しいものに交換してください。機種によっては機器ごとに交換するものがあるため、その場合は新

    しい警報器に交換してください。

    (わからない場合は、購入店へ問い合わせてください。)

 

  

 

 

火災を確認したら

  

   

  119番通報

   火災を確認したら、大声で周りに「火事だ!」と知らせ、すぐに119番通報してください。

 

      

 

  落ち着いて判断

   発見が早く気持ちに余裕があれば、初期消火を行います。

   ただし、少しでも危険を感じたらすぐに避難してください。

 

  初期消火しましょう

   消火器を使って初期消火を行いましょう。

   ただし、消火中に炎が天井に達すると、もう消火は困難です。すぐに避難してください。

     

  速やかに避難しましょう

   日ごろから、どこを通って避難するか確認しておきます。

 

   避難する際は、姿勢を低くして口をハンカチなどで覆い、煙をできるだけ吸い込まないようにします。

 

    

 

火災の広がりは速い!その時あなたは?

  火災が起きたときには、初期消火すべきか、すぐに避難すべきかを判断しなければなりません。

 

 ボーダーラインは出火から2分

   何かに火がついた状態から、2分前後で壁などに燃え移ります。

   燃え広がる初期段階であれば、初期消火が成功する可能性は高くなります。

 

 出火から2分30秒で炎は天井に届く

   初期消火が可能なのは、「天井に火が届くまで」といわれています。

   炎が天井に届いていたら、初期消火はあきらめて速やかに避難してください。

 

 火炎は一気に拡大する

   室内に発生した可燃性ガスに引火することで、火炎は一気に拡大します。

   木造住宅は、早ければ20分くらいで全焼してしまいます。

   耐火建物は全焼までの時間は長くなりますが、有毒ガスを含んだ煙が発生するため、煙にまかれないことが

   大切です。