たき火による火災に注意しましょう

たき火が拡大、飛び火するなどして火災に発展する事例が多くみられます。たき火による火災を防止するため、次の点に注意しましょう。


● 枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
● 乾燥注意報発令時や風が強い日などには、たき火をしないこと
●一度に多量の焼却は行わず、少量ずつ焼却すること
● たき火を行う際は必ず消火器や水バケツなど消火用具を準備すること
● 火や煙が完全に消えるまでその場を離れないこと


また、たき火などの火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為を行う際は、事前に最寄りの消防署や分署へ届出が必要です。
 <届出書> <記入例
※この届出をもって廃棄物の焼却行為を許可するものではありません。
※届出していても、通報などがあった場合には消防車が出動します。
 また、強風乾燥時などは焼却を中止してください。