山菜採りでの遭難にご注意ください

由利本荘市の山間部では、過去に何度も山菜採りによる遭難事案が発生しています。
入山する際は以下の点に気をつけ、遭難事故防止を心がけましょう。

《入山するときは》

 ・家族に行き先や帰宅時間を知らせておきましょう。
 ・単独での入山は控えましょう。
 ・急斜面や崖、足場の悪い場所は避けましょう。
 ・仲間同士で声を掛け合い、定期的に互いの位置を確認しましょう。
 ・収穫量にこだわらず、早めの下山を心がけましょう。
 ・天候の急変に備え、防寒具や雨具を持参しましょう。
 ・
万一に備え携帯電話や非常食を持参し、捜索隊が見つけやすいように明るい服装を心がけ、
  白いタオルを持参しましょう。

《迷ったときは》

 ・むやみに歩き回らず、雨風をしのげる場所で救助を待ちましょう。
  ※暗くなってから歩き回ると沢などへの転落のおそれがあります。

 ・明るくなったら上空の開けた場所に移動し、救助を待ちましょう。
 ・ヘリコプターが見えたら、白いタオルなどを振って自分の場所を知らせましょう。
 ・捜索隊からの呼びかけが聞こえたら、大きな声や音を出して知らせましょう。

 《家族や知り合いが迷ったときは》
  ・家族、知り合いから「山で迷った」などの連絡があった際や、「山菜採りに行ったはずだが帰って来ない」
       など、遭難のおそれがある場合は早めに警察署に通報してください。
           
                                                        
           早めの通報が早期の発見につながります