鳥海山の噴火対策について

鳥海山は、秋田県・山形県の県境に位置する巨大な活火山です。
最近では昭和49年3月1日に小規模な水蒸気爆発が発生し、山麓一帯への広範囲な降灰や河川の酸性化が確認されており、将来も噴火する可能性があります。
現在、気象庁等が鳥海山の監視を行い、今のところ噴火に関する兆候は確認されておりませんが、噴火の性質や規模、災害予想区域、噴火時の心構えや備えなどについて、再確認をお願いします。
※気象庁からの情報提供ページはこちら

【火山活動の様々な現象】

火山活動の様々な現象 

【火山噴火対策について】

◆鳥海山の噴火の前兆現象に注意してください。

次のような現象に気づいたら由利本荘市総務部危機管理課(0184-24-6238)まで連絡をお願いします。
 ・噴気の異常(硫黄臭・色がついている煙など)
 ・地震の増加
 ・地下水や湧き水の異常

◆防災用品を準備しましょう。

噴火時に避難する際は、ヘルメット・マスク・ゴーグルを身につけましょう。

災害時の携帯品

◆鳥海山噴火災害予測マップを確認する

平成25年4月に全戸配布した「わが家の防災マニュアル」で確認できます。

 ◆火口周辺警報・噴火警報に注意する

火口周辺から居住地域近くまで影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生すると予想される場合は「火口周辺警報」が、居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは予想される場合は「噴火警報」が気象庁から発表されますので注意してください。

噴火警報レベルが運用されている火山(気象庁ホームページより)噴火警戒レベル等