ペットの防災対策について

ペットの防災対策について

1、災害時のペット対策

地震や風水害に備えて、市民のみなさんは日頃からどのような対策をされていますか?
災害発生時には、人だけではなくペットも危険にさらされます。
自分のペットを守るだけでなく、周囲の迷惑にならないよう管理をすることは飼い主の責任です。
日頃からペット用の備蓄品の準備や、しつけ、迷子対策をしっかりと行い、災害に備えましょう。

2、ペットとの同行避難について

ペットとの「同行避難」とは、災害時に指定避難所へペットとともに避難することをいいます。
飼い主がペットを同じ避難スペースで飼育管理することではありません。
動物アレルギーや鳴き声等のトラブルを考慮し、飼い主とペットは別々の避難スペースで過ごすことを基本とします(盲導犬や介助犬を除く)。

3、日頃からの備え

①普段の暮らしの中での防災対策

災害時にペットを守るためには、まず飼い主が無事でいることが重要です。
そのためには、ご自宅の家具の固定など地震対策を行い、あわせてペットが普段いる場所にも対策をおこないましょう。
犬を屋外で飼育している場合は、ブロック塀やガラス窓、倒れやすい建物など、飼育場所の周囲に破損や倒壊するおそれのあるものがないか確認しておくとともに、首輪や鎖が外れたり切れたりして逃げ出すおそれがないか確認しましょう。

②ペットのしつけと健康管理

飼い主が、いざペットを連れて避難しようとしても、ペットも突然の災害にパニックになり、いつもと違う行動を取る可能性があります。
こうした状況で、人とペットが安全に避難するためには、普段からキャリーバック等に入ることを嫌がらないことや、犬の場合は、「待て」、「おいで」等のしつけを行っておくことが大切です。
避難所でのペットの飼育においては、ケージやキャリーバックに慣らしておくこと、人や動物を怖がったり、むやみに吠えたりしないこと、決められた場所で排泄ができることで、ほかの避難者への迷惑を防止するとともに、ペット自身のストレスも軽減することができます。
また、普段からペットの健康管理に注意し、狂犬病予防接種やワクチン、ダニやノミなどの外部寄生虫の駆除を行い、ペットの健康、衛生状態を確保しましょう。
さらに、不必要な繁殖を防止するため、不妊・去勢手術を実施しておくことで、性的ストレスの軽減、感染症の防止、無駄吠え等の問題行動の抑制などの効果もあります。

③ペットが迷子にならないための対策

災害発生時には、やむを得ずペットを残して避難したり、ペットとはぐれてしまう場合もあるため、保護された時に飼い主の元に戻れるように所有者明示をしておく必要があります。
外から見えて誰でもすぐにわかる迷子札等をつけるとともに、マイクロチップを装着することも効果的です。
(犬の場合、狂犬病予防法に基づき、鑑札、狂犬病予防注射済票を飼い犬に装着する義務があります)
















④ペット用の避難用具や備蓄品の確保

避難所などの避難先において、ペットの飼育に必要なものは、飼い主が責任をもって準備しておく必要があります。
市から避難指示等が出た場合、安全に避難場所まで避難できるように、リードやキャリーバック等の避難用品やペットの避難に必要な物資の備蓄を行い、すぐに持ち出せるように平常時から準備しておきましょう。
避難所などにペット用の救援物資が届くまでには時間がかかる場合があるので、少なくとも5日分(できれば7 日分以上が望ましい)は用意しておくとよいでしょう。
特に、療法食等の特別食を必要としているペットの場合は、さらに長期間分の用意が必要です。
備蓄品には優先順位を付け、優先度の高いものは避難時にすぐに持ち出せるようにし、人の避難用品とともに保管しておきましょう。

⑤避難所や避難ルートの確認

飼い主は、避難指示等が出た場合に備え、市ハザードマップ「わが家の防災マニュアル」や、市ホームページで災害時の避難場所や避難所を確認し、日頃から避難ルートを確認しておきましょう。
実際に家族でペットを連れて避難場所や避難所へ行く訓練を行い、所要時間や危険な場所等をチェックしておくことで、より安全に避難することができます。
また、自主防災組織等で避難訓練を行うときに、ペットを連れて避難する方法を地域住民で話し合っておくことがよいでしょう。
このように、普段から近隣住民と良好な関係を築けるよう、コミュニケーションや飼育マナーに気を配るとともに、万が一の時にお互いに助け合えるよう、飼い主同士や近隣住民と防災について話し合っておくことが大切です。
あわせて、ペットを一時的に預かってもらえる親戚や友人を探しておくことも望ましいです。










 

4、参考情報

ペットを飼っている方をはじめ、地域の皆さまに広く「ペットとの同行避難」についてご理解いただき、災害発生時に避難所等での混乱が生じることのないよう、平常時の備えや取り組みをすすめていただくための指針としてご活用ください。
環境省ホームページ(外部サイト)はこちら