市長メッセージ(令和2年4月28日)

新型コロナウイルス感染症に対する市の支援策について(4月28日)


再生時間 約4分

現在、市内の事業者は、新型コロナウイルスにより、経営や雇用に大きな影響を受け、大変厳しい状況にあります。

このため、市では、みんなが心を一つにし、一緒に頑張ろうという思いを込め、事業の継続と雇用の維持を最優先に、次の独自の緊急経済対策を実施いたします。

一つ目は、県の協力金とは別に、1事業所あたり、20万円、飲食店については、さらに10万円をプラスして、合計30万円を支援いたします。

  二つ目は、20%のプレミアムが付いたクーポン券、総額1億円分を発行いたします。
発行主体は、商工会で、市は、対象経費の3千万円を補助いたします。
商工会加盟に関係なく幅広く利用できるよう、考えております。

三つ目は、社会福祉施設の感染予防対策として、マスクや消毒液、空気清浄機などの購入経費を支援いたします。
各施設の入所者など、1人あたり1万円を上限として、購入経費の3分の1を助成いたします。

このほか、診察やPCR検査などを行う、帰国者・接触者外来の仮設診療所を、本市の休日応急診療所に設置いたします。

私といたしましては、一日も早く、みなさまが平穏な生活に戻れるよう願っているところでありますが、今後の状況を見極めながら、追加の支援などを講じてまいりたいと考えております。

また、国の臨時給付金10万円については、速やかに皆さまのもとへお届けできるよう準備を進めております。
この10万円は、地域経済回復のためにも、ぜひ市内で、ご利用いただきますよう、お願いいたします。

なお、緊急経済対策の予算案については、5月11日開催予定の市議会臨時会に提案いたします。

令和元年4月28日
由利本荘市長 長谷部 誠