新型コロナウイルス感染症対策に係る市長メッセージ(令和2年4月4日)

市民の皆様へ

 4月3日、由利組合総合病院の医療従事者が新型コロナウイルスに感染していることが
確認されました。
 日々多数の人が往来する大規模病院において、医療従事者が感染し、濃厚接触者が特定
されていないなど、市民の皆さまが不安を抱く状況にあります。

 これを受け、本日午前9時から由利本荘市対策本部会議を開催し、子供たちの確実な安全を
最優先に考え、由利組合総合病院の安全が確認されるまで、市内小中学校の始業式、入学式を
延期することに決定いたしました。
 皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

 市民の皆さまにおかれましては、手洗い、マスク着用、アルコール消毒などで感染予防に
努めていただくとともに、次の事項について引き続きご協力をお願いいたします。


1 東京など県外から転入または帰省等された方は、ご自身で2週間程度健康観察して
    いただき、その間、不要不急の外出を避けてください。
    また、発熱等の体調変化があった場合には、学校や会社を休み、人との接触を避け、
   「帰国者・接触者相談センター(018-866-7050)」に連絡してください。

2 当面の間、首都圏をはじめとした大都市圏との、不要不急の往来を避けてください。

3 集団感染の原因となり得る「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する」「近距離
    で会話を行う」の3条件の重なる場を避けてください。


   市民の皆さまには、今後とも、ウイルスから自身の命を守るだけでなく、『周囲の大切
な方の命を守るという意識』を持って行動してくださるよう重ねてお願いいたします。


令和2年4月4日

由利本荘市長           長谷部  誠