警戒レベルを用いた避難情報の運用が始まります。

 今年の出水期(6月ころ)から、市民の皆さんに避難情報をわかりやすく伝えるため、5段階の警戒レベルを用いて避難情報を発令することとなりました。「レベル3」で高齢者など避難に時間を要する方は避難、「レベル4」で全員が避難となり、避難のタイミングが明確化されます。

「自らの命は自らが守る」という意識を持って行動しましょう。
 

警戒レベルととるべき行動

 西日本を中心に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨では、さまざまな防災情報が発信されているものの、多様かつ難解であるため、多くの住民が活用できない状況がありました。
 これを踏まえ、避難情報等を直感的に理解できるよう、避難情報等を5段階の警戒レベルにより提供し、住民の避難行動を支援します。
 対象は洪水、土砂災害、内水氾濫、高潮です。津波は、危険な地域から一刻も早く立ち退き避難する必要があり、警戒レベルになじまないため対象外です。
 詳細は下記のリンク(内閣府ホームページ)をご覧ください。