避難確保計画作成講習会(前期)が開催されました。

 洪水からの「逃げ遅れゼロ」を目指し、東北地方整備局をはじめとする防災関係機関の協力のもと、要配慮者利用施設の管理者を対象に避難確保計画作成講習会(前期)が開催されました。

【市内45施設の担当者が参加】

  10月10日(水)、オープンしたばかりのナイスアリーナを会場に開催された前期講習会には、市内45施設の担当者など47人が参加しました。
 講習会では、東北地方整備局水災害予報センター、東北地方整備局秋田河川国道事務所、秋田県建設部河川砂防課、秋田地方気象台、そして由利本荘市それぞれの担当者が、講習会の開催目的、避難確保計画作成の必要性、最近の水害・土砂災害リスクの動向、防災気象情報の活用方法、具体的な避難確保計画の作成方法などを説明しました。

ハザードポータルサイトを体験子吉川浸水想定区域図

【ハザードポータルサイトの体験コーナーも設置されました。】

 当日は、避難確保計画を作る上で、重要なポイントとなる施設周辺の洪水・土砂災害・津波のリスク情報を取り込んだ地図を作ることができるハザードポータルサイトの体験コーナーも設置され、実際に地図作りに挑戦しました。
 会場には、平成29年1月に公表された想定最大規模の子吉川浸水想定区域図も張り出され、参加者も施設の位置などを確認していました。
 ▽国土交通省ハザードマップポータルサイト(外部サイト)

【当日の資料はこちらから↓】

資料1 当日次第(PDF:100KB
資料2 要配慮者利用施設の避難確保計画作成に係る講習会資料(A4横長)(PDF:18.5MB
資料3 (ひな形)洪水時の避難確保計画(由利本荘市作成)(PDF:610KBDOC:1.17MB
資料4 (ひな形)土砂災害時の避難確保計画(由利本荘市作成)(PDF:394KBDOC:240KB
資料5 要配慮者利用施設における避難確保計画作成の手引き別冊(作成支援編・様式編)(PDF:2.05MB)
○各施設の該当する災害に関する手引き(こちらからダウンロードできます)
○既存の計画への追記による避難確保計画の作成(国交省作成) (PDF:173KBPPTX:102KB)

【後期講習会(ワールドカフェ)について】

 後期講習会は、ナイスアリーナ2階の鳥海ラウンジに会場を移し、ワールドカフェ形式で行います。

 ○日時:2018年11月13日(火)14:00~16:00(受付13:30~)
 ○場所:ナイスアリーナ 2階 鳥海ラウンジ

【ワールドカフェとは】
 カフェという名のとおり、参加者が気楽に話すことになります。当日は時間を区切って、参加者が別のテーブルに移動し、また最初のテーブルに戻って、そこでの議論の内容を情報共有します。
【ワールドカフェの流れ】
 ①数人が一組となって席につきます。
 ②テーマに沿って一定時間、意見交換を行います。
  今回は、二つのテーマを二つ考えております。
   テーマ①:「作成した(作成中の)計画で避難させることができますか。」
   テーマ②:「要配慮者利用施設間及び地域と連携して助け合える(協力できる)ことがありますか。」
 ③1人(カフェマスターと呼びます)を除いて、全員が別のテーブルに移動します。
 ④カフェマスターは、移動してきた人たち (旅人と呼びます)に、前の議論の概要を説明し、それを受けて、
  新たな参加者でまた意見交換を行います。
※ ワールドカフェで目的とするのは「正解を出すこと」や「合意形成を図ること」ではありません。
※ いろいろな視点・立場からの自由な意見交換を経て、「様々な気づき」や「自由な発想」を得ることに特徴があります。

【避難確保計画の提出について】

 水防法、土砂災害防止法の規定により、要配慮者利用施設の所有者又は管理者は、避難確保計画の市長への報告義務を負います。計画作成後、次のものを提出してください。
【提出物】 1.避難確保計画作成(変更)報告書  1部
      2.避難確保計画  1部
【提出期限】平成30年12月21日(金)
【提出先】 総務部危機管理課
【報告様式の例】 ▽避難確保計画作成(変更)報告書様式(PDF:163KBDOC:46KB)
同一住所に同一事業者が運営する複数の施設が所在する場合は、一体の計画として作成してもかまいません。