海岸部での漂流物や漂着船にご注意ください

季節風が強まる冬季は、北西の風の影響で海岸に危険物などが漂着する機会が増えてきます。

11月に入ってから、県内各地の沿岸で木造船等の漂着事案が相次いで発生したことが報じられており、
本市においては本荘マリーナ地内で北朝鮮籍と思われる木造船の残骸が漂着しています。

警察では、地域の安全・安心を保するため沿岸部のパトロールを強化しておりますが、海岸で危険と思われる
漂流物や漂着船、不審者を見かけたら、不用意に近づいたりせずに警察、海上保安庁に連絡してください。


漂着している船や人は『110番』
海の上なら 『118番』