感染者数過去最多・BA.5対策強化宣言について(市対策本部)

感染者数過去最多・BA.5対策強化宣言について(市対策本部)

令和4年8月17日
 

 8月17日、秋田県が発表した新型コロナウイルス感染者数は、県内で1,673人、うち由利本荘保健所管内においては、162人と、過去最高を大きく上回る感染者数となりました。
 変異株「BA.5」への置き換わりなどにより、感染が拡大しており、高齢者や基礎疾患をもつ方を中心に入院患者数、重症者数、死亡者数が増加する可能性が懸念されております。
 秋田県では感染拡大を受け、8月12日から31日まで「BA.5対策強化宣言」の期間としました。感染拡大防止に向けて以下の点について注意をお願いいたします。

【留意事項】
1 換気について 
 ○ 各種事業所、高齢者施設、病院、学校、児童関連施設等(いずれの施設もそのロッカールームや食堂を含む)においては、同一空間(部屋)に多くの人数が滞在するような場合や、天井が低いなど狭い空間(部屋)にいる場合に感染リスクが高まることから、こまめに多くの窓を開けるなどによって、完全に外気と入れ替わるようにすること。
 ○ 換気機能のない冷暖房設備(循環式エアコン)等を使用している施設等においては、厚生労働省のリーフレット『熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』を参照し、換気を行うこと。

2 感染防止対策について 
 ○ 定期的に換気をしましょう
 ○ 症状のある方も同居のご家族もマスクを着用してください
 ○ 同居家族の方も検温し、体調の変化に十分気をつけましょう
 ○ 症状がある場合は、過ごす部屋は分けてください
 ○ 症状のある方と接する人は、できるだけ限定してください
 ○ こまめに手洗いをしてください
 ○ 手で触れる共用部分を消毒してください
 ○ 使用したマスクやゴミは密閉して捨てましょう

3 職場での感染防止について 
  ○ 各事業所等において、時差出勤や在宅勤務等による接触機会の低減、従業員の体調確認、体調不良者の休暇取得等の取組を進めること。

 

危機管理課・健康づくり課新型コロナウイルスワクチン接種推進室