発熱等の症状がある場合の相談・受診方法(令和2年11月16日以降)

発熱等の症状がある場合の相談・受診方法(11月16日以降)(PDF)

相談・受診方法が変わりました

発熱等の症状があり、新型コロナウイルス感染が心配な場合の相談・受診方法が変わりました。令和2年11月16日(月)からは次のとおりとなります。
かかりつけ医がある場合は、受診前に必ず電話相談するようにしてください。

【かかりつけ医】
 発熱等の症状が生じた場合は、かかりつけ医に電話で相談してください。

【あきた新型コロナ受診相談センター(コールセンター)】
次のような場合は、あきた新型コロナ受診相談センターに相談してください。
・発熱等の症状が生じ、かかりつけ医がない場合、相談する医療機関に迷う場合、かかりつけ医が休診の場合
・新型コロナウイルス感染症に対して不安を感じている場合
・COCOA(厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ)の通知があった場合
・秋田県版新型コロナ安心システムからLINEの通知があった場合