修身館HOME
「修身館」について
竣工・ねらい
館内について
利用状況
お知らせ
本荘城のあらまし
本荘城関連年表
本荘の歴史
修身館便り
修身館発〜本荘城探訪への誘い〜
史跡鳥海山
ふるさと散歩
ご案内
 印刷について
 利用について
 アクセス
 本丸の館について
 本荘公園について
 石碑紹介
 満州開拓の碑
・・・・・・・・・・・・・
英語版(English)
A General Outlines of the Honjo Castle Park
History of Honjo Castle Park(New Version)

石碑紹介

斎藤弥太郎翁胸像



二ノ丸の東側にある遊園地のそばに、ひっそりと1つの胸像が建てられています。(もとは、正面の席壇を登ったところに建っていました。)
 誰の胸像なのか、公園とどんな関係があるのか、そんな質問を受けることがよくあります。
 胸像の主は本荘名酒「由利正宗」の創業者、本荘町長を何度かつとめた斎藤弥太郎翁(1868〜1953)です。翁の胸像がそこにあるのは、翁がいわば本荘公園の”救世主”だからです。
 本荘城は廃藩置県で陸軍省の所管になりましたが、のち旧家臣団(報旧社)が払下げを受けて植樹や開墾をしていました。ところが旧主六郷政鑑に帰郷永住の志があると聞き、旧家臣団は早速この旧城地を献上しました。しかし政鑑公はその志を果せぬまま亡くなり、旧城地は六郷子爵家の世襲財産として子政賢、孫政貞と引き継がれました。
本荘町では旧城地を六郷家から借用して公園にする計画を進めていたのですが、脅迫した六郷家は爵位を返上して旧城地を花館村(現、大曲市)の三浦友吉氏に売ってしまいました。本荘の中心であり、大事な史跡である旧城をそのまま他郷の人のものにしておくわけにはいきません。このとき町長だった斎藤翁は中堅町渋谷氏の協力を得て私財で三浦友吉氏から買い取り、さらにそのあと渋谷氏が取得した分も譲り受け、それをそっくり本荘町に寄附しました。昭和15年4月のことです。今私たち市民の城祉公園として、また本荘の観光名所として誇ることができるのは斎藤翁のおかげによるものなのです。

                                                      石碑紹介トップへ