平成30年度 償却資産(固定資産税)の申告について

 固定資産税は、土地・家屋のほかに償却資産(土地や家屋以外の事業の用に供することができる資産)についても課税されます。個人や法人で工場や商店を営んでいたり、アパートや駐車場を貸し付けている方などで、由利本荘市内に償却資産を所有されている方は、毎年1月1日現在の所有状況を由利本荘市長に申告してください。



【申告が必要な資産】

 事業の用に供することができる構築物・機械・装置・車両及び運搬具・工具・器具・備品等で土地・家屋以外のもの。(自動車税・軽自動車税の課税対象になっている資産、特許権・ソフトウェア等の無形固定資産を除きます)


【申告の方法】

 該当があると思われる方には申告書等を送付しますので、下記のリンク『償却資産のあらまし』、『申告書記入例』を参考に期限までに提出してください。
 また、新たに事業を始められた方や、償却資産を所有されている方で申告書をお持ちでない方はご連絡ください。
 
 なお、平成22年度申告からeLTAXを利用した電子申告がご利用になれます。                                                        

 詳しくは、下記のリンク『eLTAX(エルタックス)の受付を行っています』をご覧ください。


【耐用年数の改正について】

 平成20年度の税制改正において『減価償却資産の耐用年数に関する省令』の大幅な見直しが行われ、平成21年度以降の償却資産申告においては改正後の耐用年数を適用することになりました。

 詳しくは、下記のリンク『減価償却資産の耐用年数等の見直しについて』をご覧ください。


【申告書の提出期限及び提出先】

◎提出期限   平成30年1月31日(水)

◎提 出 先   由利本荘市役所税務課、各総合支所振興課または出張所