平成30年度以降の特別徴収税額通知データの提供について

 

 平成30年度課税より、「地方税法施行規則の一部を改正する省令」に伴うeLTAXの改修に基づき、特別徴収税額通知の電子データレイアウトが正本の内容に統一されます。

 これに伴い、平成30年度以降については由利本荘市においても従来の特別徴収税額通知の電子データ(参考データ)による送付を廃止し、代わりとして電子署名なしの特別徴収税額通知の電子データ(副本通知)が提供されることとなりますので、ご注意いただき、システムのご対応をお願いします。


   ・現在、由利本荘市では、電子署名つきの特別徴収税額通知の電子データ(正本通知)
    に対応しておりません。

   ・「参考データ」と「副本通知」ではファイルの仕様が異なるため、「副本通知」のフ
    ァイル仕様に未対応の場合、給与管理システム等への取り込みができないことが想定
    されますので、システム等の改修が必要になります。ただし、システムの改修が間に
    合わない場合の当面の措置として、「副本通知」を「参考データ」へ変換するツール
    (eLTAXのホームページにおいて提供)をご利用ください。

   ・給与支払報告書の提出時に、特別徴収税額通知の受け取り方法に、従来どおり「書面」
    を選択した事業所様に対しても、平成30年度においては一律「副本通知」のデータを
    提供いたします。
    この時、PCdesk等でのダウンロードの際に「保護番号」の入力は必要ありません。ま
    た、特別徴収税額通知データを格納したことの連絡(メッセージボックスへの通知及び
    e-mail送信)も行われませんので、適宜ご確認の上、取得をお願いいたします。

   ・従来の「参考データ」は、メッセージボックスを介して取得していただいておりまし
    たが、「副本通知」は、処分通知等メニューからの取得となります。
    「副本通知」には、個人番号が含まれますので、事業所様のセキュリティポリシーに
    従い、適宜削除してください。

 

関連リンク

eLTAXホームページ