不要になった使い捨てライターの廃棄方法について

使い捨てライターを廃棄する際にガスが残っていますと、ごみ収集車や処理施設などの火災の原因となりますので、ガスを使い切って、燃えるごみの日に排出して下さい。


(ガスの抜き方)
1.屋外の風通しの良い所で、周囲に火の気がないことを確認してください。

2.ライターの着火スイッチを押し下げてください。
  (着火したときは、すぐに吹き消してください。)

3.押し下げた状態の着火スイッチを輪ゴムやガムテープなどを使って固定してください。
  (ガスが噴出する「シュー」という音を確認してください。)

4.ガスが無くなったら着火しないことを確認してください。

  着火しなければガス抜きは完了です。