5、6か月頃の離乳食について


離乳の開始

 離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態の食物を初めて与えた時をいいます。その時期は、5、6か月頃が適当です。この時期は、離乳食を飲み込むこと、その舌ざわりや味に慣れることが主目的です。

こんな様子がみえたらスタート(発達の目安)

 ・首のすわりがしっかりしている。
 ・支えてやるとすわれる。
 ・食物に興味を示す。
 ・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる。

離乳食の3つのポイント

1.味 付 け
 うす味にします。離乳の開始頃では、調味料は必要ないでしょう。食品のもつ味をいかしましょう。

2.調理形態
 なめらかにすりつぶした状態(ポタージュぐらいの状態)にしましょう。

3.栄養のバランス
 栄養の主体は母乳やミルクですが、おかゆ(米)から始め、慣れてきたらじゃがいもや野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚など、種類を増やしていきましょう。


与え方のポイント

1日1回、授乳時間の時に母乳やミルクを与える前に食べさせます。
・離乳の開始では、アレルギーの心配の少ないおかゆ(米)から始めます。
・離乳の開始後ほぼ1か月間は、離乳食は1日1回与えます。母乳または育児用ミルクは子どもの欲するままに与えましょう。
・離乳の開始では、子どもの様子をみながら、1さじずつ始め、母乳やミルクは飲みたいだけ飲ませましょう。
・新しい食品を始める時には一さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていきましょう。
・子どもは細菌への抵抗力が弱いので、調理を行う際には衛生面に十分に配慮しましょう。
 

進め方は

・アレルギーの心配がある場合は医師と相談してすすめましょう。
・はちみつは乳児ボツリヌス症予防のため満1歳までは使わないようにしましょう。

・赤ちゃんにとってイオン飲料が必要な時は、発熱時や下痢、嘔吐のひどい時などだけで、普段の水分補給にはミネラル分の多いイオン飲料は赤ちゃんに負担がかかり、食欲も落ちてしまうのでおすすめできません。
・日常の水分補給には、湯ざましや薄い麦茶がいいでしょう。
・むし歯菌は、大人が口をつけた哺乳びんの乳首やスプーンなどからも子どもにうつります。口移しに気をつけましょう。