ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成のお知らせ

     由利本荘市では、乳幼児のロタウイルス胃腸炎の重症化を防ぐために、

     ロタウイルスワクチンの接種費用を一部助成いたします。

     由利本荘市、にかほ市、秋田市の協力医療機関で予約をして接種してください。

     また、協力医療機関以外で接種を希望する場合は、全額自己負担で支払い、

     その後 助成の手続き を行ってください。

   ●ロタウイルスとは

    ロタウイルスによる胃腸炎は、乳幼児に多く起こるウイルス性の胃腸炎です。

    突然のおう吐や白っぽい水のような下痢を起こし、脱水やけいれんがみられることもあります。

    5歳までにほとんどの子どもが感染するといわれており、乳幼児では重症化しやすい胃腸炎

    といわれています。

    ロタウイルスワクチンを接種することで、ロタウイルスによる症状を防いだり、軽くする効果があり、

    点滴や入院が必要になるほどの重症例を約90%減らします。

 

     ●接種方法について       

        母子健康手帳、健康保険証等氏名・住所・生年月日を確認できるものを持参し、

     予約をして接種を受けてください。

     予診票は各医療機関に設置されています。

     窓口支払いの際は、助成分を除く金額が自己負担分となります。

   

   

   

    ~対象年齢の数え方について~

    生後○○週0日というのは、誕生日から○○週後の同じ曜日を指します。

   

    ≪ロタリックスの例≫

     平成28年4月4日(月)生まれの方は、6週後の月曜日の5月16日(月)から接種が可能になり、

      24週後の月曜日の9月19日(月)までが対象年齢となります。

     また、1回目の接種は20週後の月曜日の8月22日(月)までに行う必要があります。

     この日を過ぎると2回目の接種が接種期間を超えてしまうため接種できなくなります。

    ≪ロタテックの例≫

     平成28年4月4日(月)生まれの方は、6週後の月曜日の5月16日(月)から接種が可能になり、

     1回目の接種は24週後の月曜日の9月19日(月)まで、2回目の接種は28週後の

     月曜日の10月17日(月)まで、3回目の接種は32週後の月曜日の11月14日(月)

     までに行う必要があります。この日を過ぎると3回目の接種が接種期間を過ぎるため接種できなくなります。