秋田県災害遺児愛護基金事業について

 秋田県社会福祉協議会では、交通・労働・自然災害により父または母を亡くし、また、前記の災害により著しい障害を身体に受けた父または母をもつ義務教育終了前の児童(遺児)を養育している方(保護者)に給付金を支給しています。

【見舞金】

 災害で遺児になったとき、遺児1人につき100,000円

【入学祝金】

 遺児が小学校、中学校(特別支援学校を含む。)に入学したとき、1人につき50,000円

【激励金】

 遺児1人につき年30,000円

【卒業祝金】

 遺児が義務教育を終了したとき、1人につき50,000円


 児童(遺児)の支援については、基金の運用益と県民の皆様の善意による寄附金のみで運営されておりますが、近年、寄附金も減少しております。子ども達の心身の健やかなる成長のため、県民の皆さまのあたたかいご支援をお願いいたします。
 詳細については、制度を実施している秋田県社会福祉協議会のWebページ(下記関連リンク)よりご確認ください。