概要(令和2年度)

岩城中2020学校経営のグランドデザイン
            

学校経営の概要
「意和氣の力と心で チャレンジ!」

 岩城中学校は,県都秋田市と由利本荘市の中心部旧本荘市の間に位置する岩城地域にある。西は日本海 に面し,海と山に囲まれている。南北にJR羽越本線,国道七号線,そして内陸部を日本海縦貫自動車道 が走っている。また,秋田空港に近く,交通の便に恵まれた地区である。
 本市は,福島県いわき市と親子都市の関係にある。これは,いわき市と旧岩城町が旧領主(岩城氏)を同 じくすることから,親子都市の盟約を締結したことに始まる。毎年夏には,本校といわき市の中学校生徒 の相互訪問等の交流を続けている。
 亀田地区は城下町として栄え,毎年7月に行われる旧藩祭は40回を数える亀田地区を代表する祭典で, 市無形文化財の亀田大神楽や手踊りが町内を練り歩き,旧亀田藩の時代を偲ばせる祭りとなっている。道 川地区は,昭和30年に国産初のペンシルロケットが打ち上げられたことからロケット発祥の地として知 られる。現在,実験場跡地の入り口に記念碑が建っている。松ヶ崎地区は旧本荘市に含まれ,岩城亀田藩 の外港として発展した。松ヶ崎地区にある八幡神社の本殿は平成27年に国登録有形文化財として指定さ れている。このように,歴史的にも地理的にも特色のある三地区であり,歴史,自然,史跡,人に恵まれ た岩城地域全体が貴重な学びの場となっている。
 本校は,創立時は337名を数えたが,今年度は全校生徒が107名で40年近くの間に200名以上 の減となっている。この先数年は110名前後で推移するが,その後は100名を割ることが予想される。 生徒は概して明るく,落ち着いて学習に取り組むことができている。また,すすんであいさつのできる生 徒が多い。「自問清掃」(平成8年度より)「黙想」「全校武道」(昭和57年度より)の3つの取組を,平成 12年度より「岩中三本柱」として掲げ,取り組んでいる。
道川地区,亀田地区は合併前の旧岩城町,松ヶ崎地区は旧本荘市であり,それぞれ異なった風土をもつ 地区であるが,三地区とも教育,学校への関心が高く,PTA活動等への協力など積極的である。県都秋 田市に近いことから,生徒,保護者の進学意識が秋田市に向かう傾向が低くなく,秋田市内の高校に進学 する生徒の割合が本市内の他校よりも高い。地理的な面から,多様な進学先,進路先に恵まれている。

  1小1中となったことを機に,小・中連携として,『意(いきいき)和(わくわく)氣(きらきら)チャレンジプラン』を推進している。その取組の一つとして基本的な学習習慣,生活習慣の確立を図るべく小中で9年間を見通した連携を進めている。学習習慣,生活習慣は小・中の学校行事予定と共に「開かれた 教育課程」の一環として学区内の全戸に配布している。岩城小学校の目指す子ども像が「いきいき・わく わく・きらきらの子ども」であるのに対し,本校は「いわき」を3つの漢字『意・和・氣』で表現し,こ れを「岩中生が身に付けたい力」として重点化し経営に当たっている。
 また,平成27年度に由利本荘市内の全小・中学校でコミュニティ・スクール制度が導入され,地域住 民・保護者が連携し「地域と共にある学校」づくりを推進している。                 

学校教育目標と目指す生徒像・学校像・教師像
「成長の保障」「学力の保障」

(1)目指す生徒像「一流の生徒」

○知性と感性を磨き,自己実現を目指す生徒
○思いやりの心をもち,主体的に活動する生徒
○礼節を重んじ,活力と実践力のある生徒

(2)目指す学校像「一流の学校」

・生徒一人一人が明るく,楽しく,安心して学び,生活できる居心地のよい学校
・生徒一人一人に,豊かな人間性を育み,確かな学力,たくましく生きる力を身に付ける学校
・地域に愛され,地域に貢献し,地域を元気にする学校

(3)目指す教師像「一流の教師」

・生徒をよく理解し,生徒目線にたち,生徒に寄り添い教え,導く教師
・自己研修に努め,指導力の向上に努める教師
・生徒一人一人に「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」「学びに向かう力」を身に付ける教師
・すすんで文化や自然と関わり,感性を磨き,豊かな人間味溢れる教師
・保護者や地域から信頼される教師・生徒をよく理解し,生徒目線にたち,生徒に寄り添い教え,導く教師
・自己研修に努め,指導力の向上に努める教師
・生徒一人一人に「知識・技能」「思考力・表現力・判断力」「学びに向かう力」を身に付ける教師
・すすんで文化や自然と関わり,感性を磨き,豊かな人間味溢れる教師
・保護者や地域から信頼される教師
・社会人,組織(「チーム意和氣」)の一員としての自覚のもとに行動する教師

☆令和2年度経営の重点と具体策☆

(1)生徒一人一人が明るく,楽しく,安全で安心して生活できる居心地のよい学校づくり
・生活の場,学習の場としての学級づくり
・「いじめ防止基本計画」に基づいた未然防止、SCの活用、生徒・保護者・教師の密なる連携
・校内外における事故防止に向けた安全指導の徹底と日々の危機管理

(2)基礎・基本の確実な定着と「主体的・対話的で深い学び」の視点にたった授業づくり
・各教科における「対話力(聴く力・話す力・応じる(受けて返す)力」の習得
・「学ぶ喜び」(「参加する喜び」「分かる喜び」「できる喜び」「伝え合う喜び」「発見する喜び」)を 実感できる対話活動の充実 ・岩中「学習の流れ」を基本にした確かな学力を身に付ける指導
・「岩中『学習の流れ』と「岩中『身に付けたい学習習慣』」の活用
・ユニバーサルデザインを取り入れた授業構築
・「岩中タイム」の充実とTT等、ねらいを達成するための多様な学習形態

(3)礼節を重んじ,思いやりの心を育む心の教育の充実
・岩中三本柱「黙想」「全校武道」「自問清掃」の指導の充実
・「特別の教科 道徳」の指導の充実
・和やかなあいさつと爽やかな返事運動「かるく,つでも,あいてよりきに,づける」の 推進

(4)生徒指導及び特別支援教育の充実
 
・生徒理解,生徒目線にたち,生徒に寄り添い、教え,導く教師集団作り
 ・自己存在感を与え,共感的人間関係を育成し,自己決定の場を与える生徒指導の三機能を生かし た指導
 ・個別の指導計画,支援計画の全職員による共有と確実な支援と指導

(5)「開かれた学校」づくり
 
・校報,学年・学級だより,ホームページ等による積極的な情報発信
 ・育てたい資質・能力の明確化と学校・家庭・地域の三者による共通理解
 ・地域の人材や素材・資源の積極的活用
 ・コミュニティ・スクール制度の活用推進
 ・小・中の連携推進(「意和氣チャレンジプラン」)とカリキュラム・マネジメント