12月 だまこもちづくり体験

 12月20日(木),5年生が「だまこもち」づくりを体験しました。この取り組みは毎年行われているもので,今年も由利本荘市食生活改善推進協議会の方々(3名)のご指導の下,「だまこもち」づくりを体験させていただきました。
   「だまこもち」は本荘地区の郷土料理ではありませんが,今では「きりたんぽ」とともに秋田県の代表的な郷土料理として全国的に知られるようになりました。石沢地区の「げねもち」とも共通点があることから,子どもたちは手慣れた様子で調理にとりくんでいました。どの班もじょうずにおいしくつくることができました。