「本荘地域 学校環境を考えるつどい」が開催されました

ー適正な学校環境について意見交換-

少子化や校舎の老朽化などの課題を協議・検討する「本荘地域学校環境を考えるつどい」が、12月14日、20日、21日の3日間、カダーレなどを会場に行われました。
このつどいは市教育委員会と学校環境適正化検討委員会が、適正な学校環境の在り方を市民とともに考える機会として開いたもので、3日間で約80人が参加しました。
はじめに市の担当者がこれまでの取り組みや、今後の児童生徒数の推移、施設の現状、保護者を対象にしたアンケートの結果を報告し、その後、参加者がグループに分かれて討議を行いました。各グループでは積極的に意見交換がなされ、参加者の学校環境に対する関心の高さが伺えました。
検討委員会では、今後も協議を重ね、3月までに本市の学校環境適正化に係る第一次の提言書を教育委員会へ提出することになっています。
                                                                                    

      本荘東中学校区(12/14) 


                  本荘北中学校区(12/20)


                   本荘南中学校区(12/21)