「旧大倉沢報徳館」が正式に国の有形文化財に登録されました!

 文部科学大臣は、平成30年3月27日 旧大倉沢報徳館(大内地域)を国の文化財登録原簿に記載し、正式に国の有形文化財として登録いたしました。

 旧大倉沢報徳館は、現存する数少ない大日本報徳社の支社社屋です。細部に洋風意匠を配した和洋折衷様式であり、建築当時のまま大切にされてきた貴重な建造物です。                                                
 
 これにより、本市における国登録有形文化財の数は12件38棟になりました。