[大内地域]「旧大倉沢報徳館」国登録へ!(国文化審議会答申)

 国文化審議会は、平成29年11月17日、大内地域大倉沢に所在する旧大倉沢報徳館1棟を、細部に洋風意匠を配した和洋折衷様式の建造物であり、国内でも数少なく、また県内でも唯一現存する大日本報徳社の支社社屋であるとして文部科学大臣に答申しました。

   正式に登録されると、本市における国登録有形文化財の数は、12件38棟になります。

 

       ※正式登録の際には、一般公開を予定しております。お楽しみに!