在宅医療・介護に関する地域包括ケア市民フォーラムをアクアパルにて開催します(1月26日 土曜日 )

(市民フォーラムテーマ)
心 積 り ~話し合って考える人生の最終段階~

 いざというときに慌てず、自分らしい暮らしを続けるために、在宅ケア経験者の体験談や在宅医療の情報を共有できる方法(ICTツール ナラティブブック秋田)、もしもに備えて自己決定を伝えておくことの大切さ(ACP)についてのお話を聞いてみませんか。どなたでも参加できます。

 
日時 平成31年1月26日(土)
   午後1時30分から3時45分(受付:午後1時00分から)                                
会場 アクアパル 多目的ホール
対象 どなたでも参加できます
内容 【第1部】在宅ケア経験者からの発表
     ・在宅介護と看取りを経験して 髙橋 教子さん(大内地域)
     ・ナラティブブック秋田を利用した在宅介護について 伊藤 花子さん(大内地域)
   【第2部】講 演 
     テーマ「在宅診療とナラティブブック秋田」  
         ~本人が主人公のACP(人生会議)と連携の在り方~
     講 師 一般社団法人由利本荘医師会 副会長 伊藤 伸一氏

                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                      ナラティブブック秋田は、2018年
                                                                                                                                                                                                      グットデザイン・ベスト100と
                                                                                                                                                                                                      ベストフォーカス賞を受賞しました。

(ナラティブブック秋田とは)
患者本人を中心に想いや物語(ナラティブ)等を本人・家族・在宅医療介護に関わる者が情報を共有し、
見守りあう地域医療介護連携の支援ICTツール。


(「ACP」  アドバンスケアプランニング とは)
もしもの時にあなたが望む医療やケアについて本人や家族が医療やケアチームと前もって考え、繰り返し
話し合いを共有する取組み。


※申し込み期日  平成31年1月23日(水)
※申し込みや問い合わせについては下記のチラシをご覧ください。