市長のフォトダイアリー(平成30年5月)

5月31日(木)

○市行政改革推進本部会議(広域行政センター・学習ホール)

「第三次行政改革大綱」は、四年目を迎え、各部署において、計画の着実な実施に努めているところであります。各部署における進捗状況や重要課題を確認し、引き続き緊密な連絡調整を図ってまいります。
行政改革推進会議の写真

5月30日(水)

○チャレンジデー開会式(カダーレ)

本市にとって、今回が6回目となるチャレンジデーは、参加率が昨年に比べ1%アップで、過去最高の82%を達成しました。一方、対戦相手の鹿児島県霧島市は84%と、惜しくも勝利することはできませんでしたが、オール由利本荘で一丸となって取り組むことができました。ご協力いただいた皆さまには感謝申し上げます。
本年10月には、待望の由利本荘アリーナがオープンいたします。このアリーナを本市スポーツの拠点として、全ての市民の皆さまが、これまで以上に「スポーツに親しみ・楽しめる」環境づくりを進めてまいります。
チャレンジデー開会式写真 チャレンジデー写真
 

○本荘由利森林組合総代会(アイリス)

森林組合の皆さまには、日頃から、林業行政の推進についてご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
現在検討されている「森林環境税」や「森林経営管理制度」など、国の方針に合わせ、市では、間伐や担い手の確保・育成など地域の林業振興に積極的に取り組んでまいります。
森林組合総会写真
 

5月25日(金)~5月28日(月)

○「北前船寄港地フォーラムin大連」ほか(中国・大連市出張)

日本遺産の「北前船寄港地」に、本市を含む全国27市町村(県内4市)が5月24日、新たに認定されました。26日、27日には、中国・大連市で「北前船寄港地フォーラムin大連」が開催され、佐竹知事をはじめとする県及び県内8市町の関係者の皆さまとともに参加いたしました。
フォーラム前日の25日には、同じく大連市で県主催の観光セミナーが開催され、私も中国の皆さまに由利本荘市の魅力をPRしてまいりました。
大連の写真その1
【北前船寄港地に認定の県内5市(右から秋田、男鹿、能代、にかほ市長)で記念撮影】

大連写真その2
【県主催観光セミナーで本市をPRいたしました】

大連その3
【北前船寄港地フォーラム前夜祭】

大連写真その4 大連その5
【北前船寄港地フォーラムin大連】

大連その6 大連その6
【TDK大連工場視察】
 

5月22日(火)

○県・市町村協働政策会議/チャレンジデー2018あきた決起集会(県市町村会館)

30日に行われる「チャレンジデー」に向けた決起集会に参加し、佐竹知事や県内市町村長と健闘を誓い合ってまいりました。
チャレンジデー決起集会
 

5月21日(月)

・五役会議(市長応接室)

○由利本荘市スポーツ・ヘルスコミッション総会(広域行政センター・学習ホール)

本年度より市では「スポーツ・ヘルスコミッション推進部」を設置して、取り組みの強化を図っております。総会では、組織体制や誘致活動の強化など、本年度の事業計画が会員の皆様により了承されました。
10月にオープン予定の「由利本荘アリーナ」はじめ、市内の施設を利用した、大会や合宿の誘致活動を引き続き実施しながら、各種スポーツイベント開催の際には、会員相互に協力し、「交流人口の拡大」と「地場産業の振興」を図ってまいります。
コミッション総会写真
 

○由利本荘市観光協会総会(アイリス)

本市では、「鳥海山を核とした広域観光振興」として、にかほ市や庄内地域と連携し、地域の特産品を活用した体験型ツアーによる環鳥海エリアの滞在型観光などを推進しております。
また本年は、7月に「鳥海山 木のおもちゃ美術館」、10月に待望の「由利本荘アリーナ」がオープンし、市内外の多くの皆さまのご来場が期待されます。この機会を本市の観光振興に結びつけるべく、観光協会の皆さまと力を合わせながら、各種施策を展開してまいります。
観光協会総会
 

5月20日(日)

○新潟駅高架駅第一期開業および新幹線と在来線の同一乗り換えホーム完成記念式典(新潟駅)

羽越新幹線整備促進秋田地区同盟会会長として、新潟駅で行われた記念式典に出席してまいりました。
今回の高架駅開業で新潟駅は、新幹線と在来線の乗り換えが同一ホームとなり、秋田・庄内地域~東京間の往来が飛躍的に便利になりました。今後も引き続き、羽越新幹線の実現に向けて、沿線自治体と連携しながら、要望活動を推進してまいります。
新潟駅セレモニー写真
 

5月18日(金)

○本荘由利産学振興財団理事会(産学共同研究センター)

私が理事長を務めます「本荘由利産学振興財団」の理事会を開催いたしました。
平成25年4月1日公益財団法人として新たに発足した当財団では、先端技術集積を特色とする本荘由利地域の工業技術の高度化と研究開発を支援するとともに、科学技術教育及び研究の振興を図り、地域の産業経済の振興発展に寄与することを目的として活動しております。
産学振興
 

○本荘地域町内会長協議会総会/本荘地域行政協力員感謝状贈呈式(アクアパル)

これまで行政協力員としてご尽力いただいた11名の方に感謝状を贈呈し、新たにご協力いただく20名の方に委嘱状の交付をおこないました。
本荘地域では、2020年の供用開始に向けたJR羽後本荘駅「東西自由通路」の整備事業が開始するほか、本年10月には待望の「由利本荘アリーナ」がオープンを迎えます。オープン後は、市民のスポーツ・健康づくり・防災の拠点としての利用のほか、プロスポーツ公式戦や大会などの各種スポーツイベント等を開催し、「交流人口の拡大」と「地場産業の振興」などにつなげてまいりたいと考えております。
本荘地域町内会長総会
 

5月16日(水)

○東北市長会総会(仙台市)

東北6県の77市で構成する東北市長会(会長:郡和子仙台市長)総会に出席いたしました。
安定した農業経営のための「経営所得安定対策の見直し」や、「日本海沿岸東北自動車道整備」などの要望をおこなってまいりました。
経済や文化、インバウンドを含めた観光の面でも他の自治体と連携しながら、「人口減少に歯止めをかける」ことを最重要課題として、積極的に各種施策を展開してまいります。
東北市長会写真
 

5月15日(火)

○「木のおもちゃ列車」デザイン・出発式 記者発表(応接室)

東日本で初めての本格的な木質改修列車「木のおもちゃ列車」として整備する由利高原鉄道の車両「なかよしこよし」のデザインを発表いたしました。
これは、7月1日の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」グランドオープンに合わせ、相乗効果を図る事を目的に、市が整備を実施するものであります。完成を6月20日、出発セレモニーを6月24日に予定しております。
子どもからお年寄りまで、幅広い年代の皆さまに、この列車に乗って美術館に遊びに来ていただきたいと思っております。
木のおもちゃ列車会見その1 木のおもちゃ
 

○鳥海地域行政協力員会議(紫水館)

これまで行政協力員としてご尽力いただいた5名の方に感謝状を贈呈し、新たにご協力いただく20名の方に委嘱状の交付をおこないました。
鳥海ダム関連につきましては、「鳥海ダム工事事務所」新庁舎が完成し、6月からの業務開始を予定しており、ダム事業の更なる前進に期待しております。こうした状況をふまえ、市では「鳥海ダム利活用推進室」を総合政策課内に設置し、鳥海ダムを活用した観光計画の策定などに取り組んでおります。
鳥海行政協力員会議
 

5月14日(月)

・五役・部長・支所長会議(応接室)

○「秋田鳥海眺望のみち ツーデーマーチ」大会役員・実行委員会(広域行政センター・学習ホール)

5月26日、27日の二日間に渡って行われる「秋田鳥海眺望のみち ツーデーマーチ」の実行委員会を開催いたしました。
本大会は、本荘由利地域の「ウォーキングの普及・振興」と「交流人口の拡大」を目的として今回初めて開催するものですが、全国から参加される皆さまに、自然豊かな本荘由利地域の魅力を知っていただく絶好の機会であると考えております。参加者の皆さまには素晴らしい景色を眺めながら歩いていただくとともに、鳥海山や日本海が育んだ食材や地酒をなども堪能していただきたいと思います。
ツーデーマーチ実行委員会


・石脇財産区議会 臨時会(正庁)

5月11日(金)

○岩城地域行政協力員会議(岩城会館)

これまで行政協力員としてご尽力いただいた2名の方に感謝状を贈呈いたしました。
岩城地域では、今年度、「サンスポーツランド岩城」テニスコートなどの改修をおこないます。これからも全ての世代の市民の皆さまが、スポーツに親しみ、楽しめるような環境の構築を目指して、本市のスポーツ振興を積極的に推進してまいります。
いわき行政協力員会議

5月10日(木)

○第2回市議会臨時会(議場)

市議会臨時会写真
 

5月9日(水)

○「本荘由利地区生コンクリート協同組合」、「矢島生コン(株)」との災害協定締結式(応接室)

2者それぞれと「災害時における消防用水等の確保に関する協定」を締結いたしました。
この協定は、火災などの災害発生時等に、消防用水や生活用水の供給のための協力を要請するもので、平成28年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災の際、消防用水の確保のためコンクリートミキサー車を活用した事例を参考に締結したものであります。市民の安心につながるものと、大変心強く思っております。
今後とも、「災害に強い、安全で安心なまちづくり」を目指して、防災体制の強化・充実に努めてまいります。
生コン協定

5月8日(火)

○現場視察(鳥海地域)

鳥海地域の災害現場等の視察をおこないました。
今回の視察で確認したのは、(1)間木ノ平付近(地滑りの影響により「市道・農道に亀裂」及び「田面及び畦畔の隆起」が発生)、(2)久保付近(護岸法面に土砂崩落が発生)、(3)芦ヶ渕橋・橋梁架替工事現場(平成24年度着手~平成33年度完成予定)、(4)笹子地区(昨年4月に発生した「土砂崩落災害」の復旧工事の状況確認)の4箇所になります。
災害箇所につきましては、関係機関と連携を図りながら復旧に努めてまいります。
間木ノ平写真
【間木ノ平付近:田面及び畦畔の隆起を確認】

久保その1 久保その2
【久保付近:護岸法面の土砂崩落個所を確認】
 

○矢島地域行政協力員会議(日新館)

これまで行政協力員としてご尽力いただいた5名の方に感謝状を贈呈いたしました。
矢島地域では、今年度、防災行政無線の子局5基の増設のほか、二年後の供用開始を目指して「市道 猿倉花立線」復旧事業を進めてまいります。安全・安心で暮らしやすい地域づくりに向け、各種事業を着実に実施してまいります。
矢島行政協力員会議

5月7日(月)

・五役会議(市長応接室)

5月2日(水)

○国際ソロプチミスト本荘・表彰報告(応接室)

「第32回 国際ソロプチミストアメリカ 日本北リジョン大会」において「奉仕活動実践賞 大賞」を受賞された、「国際ソロプチミスト本荘(片倉昭子会長)」の皆さまが、ご報告にいらっしゃいました。
今回の受賞は、国際ソロプチミストの森(西由利原「本荘水源の森」内)での、長年にわたる植樹活動が認められたものであります。皆さまのご尽力に、心より敬意を表します。このたびは誠におめでとうございます。
ソロプチミスト写真
 

○東由利地域行政協力員会議(東由利総合支所)

これまで行政協力員としてご尽力いただいた3名の方に感謝状を贈呈いたしました。
東由利地域では、今年度、「市道中学校線」歩道設置事業、消防格納庫の改築事業などを実施いたします。これからも安全・安心で暮らしやすい地域づくりに向け、各種事業を着実に実施してまいります。
東由利行政協力員会議