市長のフォト・ダイアリー(平成30年4月NO.2)

4月28日(土)

○メーデー本荘地区集会(本荘公園正面広場)

 39労組・約150人が参加した「第89回メーデー本荘地区集会」に出席いたしました。
 本荘由利地区の発展のため、働きやすい環境づくりに努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 メーデー写真
 

4月27日(金)

○市婦人団体連絡協議会総会(カダーレ)

 「由利本荘市婦人団体連絡協議会総会」に出席いたしました。
 今後も皆さまの生の声をお伺いしながら、「市民とともに歩む市政」の推進に努めてまいります。
 市婦人団体連絡協議会写真
 

○市防災会議(消防庁舎)

 「災害対策基本法」の改正を受け、昨年度から検討してまいりました市の「地域防災計画」の修正案について、委員の皆さまにご審議いただきました。
 今年10月オープンの総合防災公園「由利本荘アリーナ」の建設工事も順調に進んでおりますが、今後も「災害に強い、安全で安心なまちづくり」を目指して、防災体制の強化・充実に向け全力で取り組んでまいります。
市防災会議写真

 

○由利農業共済組合総代会(市民交流学習センター)

 第47回由利農業共済組合総代会に出席いたしました。
 農家の皆さまの経営安定化を図り、新たな作物の導入や規模拡大などに安心して取り組むことができるよう、共済組合の皆さまをはじめ関係機関と連携し、各種事業を推進してまいります。
由利農業共済組合総代会写真

 

○「未来の科学の夢絵画展」文部科学大臣賞受賞報告(応接室)

 小友小学校3年の小松晴希(こまつはるき)さんの作品「世界中の本が読めるアイマスク」が、第40回未来の科学の夢絵画展(小・中学校の部、作品数=6,600点)において、最上位である「文部科学大臣賞」に選ばれ、受賞者の小松さんが報告においでになりました。
 全国一の賞を受けられましたことは、由利本荘市にとっても大きな誇りであります。今後ともご両親や先生への感謝の気持ちを忘れずに、多くの本に親しみながら、夢の実現に向け頑張ってください。このたびは誠におめでとうございました。
表敬訪問写真
 
 

4月25日(水)

・春の園遊会(赤坂御苑)

4月23日(月)

・五役会議(市長応接室)

4月20日(金)

○秋田由利牛振興協議会(JA秋田しんせい本店)

 平成30年度の秋田由利牛振興協議会を開催いたしました。
 秋田由利牛「増頭5カ年計画(平成24~29年度)」で目標としていた流通頭数「年間200頭」は、平成28年度に1年前倒しで達成し、現在は「第二次計画(平成29~31年度)」として流通頭数「年間250頭」を目標に取り組んでおります。
 昨年度は全国規模の大会・行事が多く、由利牛をPRする機会に恵まれ、流通頭数216頭と順調に伸びております。生産農家並びに流通関係機関のご尽力に感謝いたしますとともに、さらなる畜産業の振興に力を入れてまいります。
由利牛振興協議会写真
 

○大内地域行政協力員会議(大内農村環境改善センター)

 これまで行政協力員としてご尽力いただいた5名の方に感謝状を贈呈し、新たにご協力いただく6名の方に委嘱状の交付をおこないました。
 これからも地域の皆さまとのパイプ役として「市民とともに歩む市政」の推進にご協力くださいますようお願いいたします。
大内行政協力員写真
 

4月19日(木)

・由利地域振興推進会議(本荘グランドホテル)

4月18日(水)

○西目地域の「桜・菜の花まつり」を視察

 「桜・菜の花まつり」開催中の「ハーブ通り」と「昭和の時代・あの時」写真展が開催中の「道の駅にしめ」を視察いたしました。
ハーブ通り写真
 

4月17日(火)

○市チャレンジデー実行委員会(消防庁舎)

 5月30日に開催される「チャレンジデー」に向けて、実行委員会を行いました。
 「チャレンジデー」は、運動やスポーツを通して健康に対する意識を高めるきっかけづくりとして行われているイベントで、全国各地の市町村が参加しております。本市の参加は今年で6回目で、年々市民の皆さまの参加率が上がり、一大イベントとして定着しつつあります。
 今年の対戦相手は「鹿児島県霧島市」で、昨年の参加率が90パーセントという強敵です。本市では参加率92パーセントを目標に掲げ、勝利を目指してまいりたいと考えておりますので、ご協力をお願いいたします。
チャレンジデー実行委員会写真
 

・五役・部長・支所長会議(応接室)

4月16日(月)

・県水難救済会 監査(応接室)