高齢者インフルエンザ予防接種を受けましょう

市では下記の対象者に接種料金を助成します。接種料金は、医療機関によって異なりますので、事前に医療機関へ問い合わせをしていただくことをお勧めします(別表「市内実施医療機関一覧」を参照)。なお、対象者への案内通知はいたしませんのでご了承ください。

 インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザウイルスからの感染を予防し、重症化を防ぐことができます。

 予防接種を希望される方は必ず事前に接種可能かどうか医療機関に確認してください。

 

対象者・・・市内に住所があり、接種日に(1)または(2)に該当する方

 (1)満65歳以上の方。

 (2)接種日に満6064歳で、心臓・腎臓・呼吸器等の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がい(身体障害者手帳1級)を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な障がいを有する方。

 

期間 平成30年101日~平成31年228 

 ※季節性インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬が中心で、ワクチンが十分な効果を維持する期間は、                 

 接種後約2週間~5カ月とされています。流行期に間に合うよう12月中旬までの接種をおすすめします。

自己負担額  ※接種医療機関により異なります。

 ●医療機関が定める接種料金から市助成額(1,000円)を差し引いた金額。

 ●生活保護世帯の方は、「緊急時医療依頼証」を医療機関に提示することで

  自己負担はありません(市が全額助成)。

 

その他

 ●健康保険証身体障害者手帳等を医療機関へ提示してください。

 ●病気療養中の方は、予防接種ができるかどうか、主治医にご確認ください。