「着衣着火」に注意しましょう

「着衣着火」とは

「着衣着火」という言葉を知っていますか?
仏壇のろうそくの火やガスコンロの火が、衣服の袖口などに着いてすぐに燃え上がる現象です。
電気ストーブなどは、炎が出ていなくても衣服が触れると火が着いてしまいます。
火を取り扱う場合は、「着衣着火」に用心してください。

着衣着火

着衣着火をおこさないために

調理の際には、袖やすそが広がっている衣服を避けることやエプロン(防炎加工品がオススメ)を着用する。
ガスコンロの奥に物を置かない。
火を使っているときは、火越しの作業はしない。

もしも着衣着火してしまったら

衣服に火が着いた場合には、慌てないでお風呂や台所のくみ置きの水をかけて消火してください。
また、身近に水がない場合は、走り回らないでその場に転がって消火してください。
やけどをしたときは、水道の流水で冷やしてください。

使いましょう「防炎製品」

防炎製品は炎に接しても着火しにくく、燃え広がるのを防ぎます。
調理を行うときには、すそが広がっていたり、丈が長い衣類の着用は避けるとともに、防炎加工されたエプロンやかっぽう着などを着用しましょう。

防炎製品