災害時避難行動要支援者の個別計画作成を推進しています

災害時避難行動要支援者の個別計画について

目的

災害時避難行動要支援者の個別計画とは、災害時に自ら避難することが困難な要支援者(主に高齢者や障がいのある方々)が、災害時にどのような避難行動をとればよいのかについて、あらかじめ自ら確認しておいていただくために、一人一人の状況に合わせて作成する個別の避難行動計画です。
この個別計画は地域の助け合いである「共助」の取り組みとして、自主防災組織(町内会等)が要支援者とその家族の了解のもとに作成します。
これにより、自主防災活動の促進と、地域防災力の向上を図ることを目的とします。

個別計画を作成する対象者

個別計画を作成する対象者は、災害時避難行動要支援者名簿に登載されている方で、地域の避難支援等関係者に対して、その名簿の内容を開示することについて同意している方です。
災害時避難行動要支援者名簿についての詳細な内容は、「避難行動要支援者制度について」をご参照ください。

個別計画作成のながれ

STEP1 各種様式のご説明をしますので、自主防災組織(町内会等)は危機管理課へご相談ください。
      その際に、要支援者ごとの「最寄りの避難場所」や「避難経路」について助言いたします。
STEP2 重要事項説明書(別紙様式1)を使用して要支援者に説明し、作成の意思確認をしてください。
STEP3 (要支援者が作成に同意する場合) 避難支援者は、自主防災組織(町内会等)が選定してください。
STEP4 個別計画(別紙様式2)を使用して作成します。
     個別計画記入例(別紙様式2)もご参照ください。
STEP5 作成にあたりご不明な点があった場合は、個別計画策定Q&Aをご参照ください。
STEP6 完成後は、危機管理課に重要事項説明書(別紙様式1)と個別計画(別紙様式2)をご提出
     ください。
STEP7 コピーを2部お渡ししますので、1部は要支援者本人へお渡しください。
     もう1部は自主防災組織で保管し、災害時や日頃の見守り等でご活用ください。
STEP8 今後は、地域と連携を図りながら、要支援者の訪問・現況確認を実施して個別計画の
     更新をお願いいたします。
 


 

災害時避難行動要支援者個別計画策定促進事業奨励金

個別計画作成を推進し、地域防災力の向上を図ることを目的とした「由利本荘市災害時避難行動要支援者個別計画策定促進事業奨励金」を創設いたしました(令和3年1月)。
奨励金の申請方法等の詳細な内容については、「災害時避難行動要支援者個別計画策定促進事業奨励金」をご参照ください。