「新型コロナウイルス」感染拡大防止対策徹底のお願い

「新型コロナウイルス」感染拡大防止対策徹底のお願い(市対策本部)

令和4年7月22日

1 市内の感染状況

 7月20日、秋田県が発表した新型コロナウイルス感染者数は、県内で830人、うち由利本荘保健所管内においては、52人と、過去最高を大きく上回る感染者数となりました。
 年明け以降、感染力の強いオミクロン株の影響により、新規感染者数が高い水準で推移しておりましたが、新たな変異株「BA.5」への置き換わりなどにより、第6波のピークを上回り、全国的に感染が拡大しております。7月22日秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され、県の感染警戒レベルを「1」から「2」(警戒を強化すべきレベル)に引き上げております。
  現時点では、BA.5は既存のオミクロン株と比べて重症度の上昇は見られないとされていますが、BA.5系統の流行を通して、高齢者や基礎疾患をもつ方を中心に入院患者数、重症者数、死亡者数が増加する可能性が懸念されております。

2 感染症対策の徹底について

 これから、夏休み、帰省、旅行など、人流が活発になる時期になります。以下の点に注意し、一人ひとりの基本的な感染症対策の再点検と徹底をお願いいたします。
 (1) マスクの着用、感染リスクの高い場面(3密や混雑、大声を出す)を避けること。
 (2) のどの痛み、咳、発熱などの症状がある場合は外出を控えること。
 (3) 会合やイベントなどでは、のどの痛み、咳、発熱などの症状のある者が参加しないよう呼びかけること。
 (4) 飲食を伴う集まりは、「長時間を避け」、「マスク会食」を行うとともに、「参加人数に応じた席の配置」や「十分な換気」を徹底すること。
 (5) 職場や飲食店等における業種別ガイドラインを実践し、感染防止対策を徹底すること。
 (6) 感染リスクの高い場面に接した場合など感染に不安を感じる方(無症状者に限る。)は、「感染拡大傾向時の一般検査事業(無料のPCR等検査)」を活用すること。
 (7) 県外との往来に際しては、一人ひとりが感染防止対策をとること。また、出発地での事前検査をお願いし、帰省する予定のご家族にもお伝え願うこと。
 (8) 高齢者をできる限り守るような行動や感染対策を行うよう徹底すること。

3 徹底した換気の実施とクラスターの発生防止

 (1) 各種事業所、高齢者施設、病院、学校、児童関連施設等(いずれの施設もそのロッカールームや食堂を含む)においては、エアコンを使っていても、熱中症に留意しながらこまめに窓を開け、完全に外気と入れ替えること。
 (2) 高齢者施設においては、職員の健康管理や外部の者との接触等に関して、一層注意をはらうこと。
 (3) 事業所においては、時差出勤や在宅勤務等による接触機会の低減、従業員の体調確認、体調不良者の休暇取得等の取組を進めること。
 (4) イべントの主催者においては、イべントの準備段階を含め、感染防止に注意をはらうこと。

4 その他

 ワクチン接種は感染防止のみならず重症化を防ぐ効果があり、医療体制を守ることにもつながります。4回目の接種券をお持ちの方は、早めの接種をお願いします。また、3回目までのワクチン接種がまだの方も早めの接種をご検討ください。
 

基本的な新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い(秋田県)

秋田県の感染警戒レベル(5段階)

感染警戒レベル 2 (令和4年7月22日から)

感染防止対策の実施

○県民及び事業者の皆様には、感染のまん延を未然に防ぐため、「人と人との距離の確保」「状況に応じたマスクの着用」「手洗い」をはじめとした基本的な感染防止対策に加え、密を避けるなど適切な行動をお願いします。

○飲食を伴う集まりは、「長時間を避け」、「マスク会食」を行うとともに、「参加人数に応じた席の配置」や「十分な換気」を徹底するようお願いします。

○集会、イベント等の開催に当たっては、「三つの密」が発生しない席の配置や「人と人との距離の確保」、「状況に応じたマスクの着用」など基本的な感染防止対策を徹底するようお願いします。

〇イベントの主催者においては、イベントの準備段階を含め、感染防止に注意をはらうようお願いします。

○職場や飲食店等における業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの遵守を徹底し、感染防止対策を徹底するようお願いします。

〇感染リスクの高い場面に接した場合など感染に不安を感じる方(無症状者に限る。)は、「感染拡大傾向時の一般検査事業(無料のPCR等検査)」を活用するようお願いします。

〇県外との往来に際しても、一人ひとりが基本的な感染防止対策をとるようお願いします。

〇県外との往来の際は、出発地での事前検査をお願いします。帰省する予定のご家族にもお伝え願います。

〇ワクチンは重症化を防ぎ、医療体制を守ることにつながりますので、3・4回目のワクチン接種券をお持ちの方には、早めの接種をおすすめします

〇熱や体のだるさ、味覚・嗅覚に異常を感じた際は、無理に出勤や登校しないほか、会食にも参加しないようにし、速やかにかかりつけ医に電話で相談して受診されるか、「あきた新型コロナ受診相談センター」に相談するようお願いします。

〇感染リスクが高まる場面や「感染拡大予防ガイドライン」などの詳細については、内閣官房ウェブサイト【https://corona.go.jp/】をご覧ください。

詳細はこちら(秋田県ホームページへリンク)