新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのお願い (秋田県)

ワクチンを接種した後も、マスクの着用や手洗いなど基本的な感染予防対策を徹底してください。

秋田県の感染警戒レベル(5段階)

感染警戒レベル 2 (令和3年10月27日から)

県外との往来

県外との往来は、できるだけワクチン接種(2回目接種から2週間程度経過)後に行うようお願いします。
また、観光や娯楽(スポーツ観戦、コンサート鑑賞、レジャー施設の利用など)で県外と往来する際は、訪問施設等の感染対策を確認するなど、感染リスクに十分留意するようお願いします。
県外からの訪問、帰省の際は、ワクチン接種又は事前のPCR検査等を行うよう、家族・親戚等から適切なアドバイスをお願いします。
往来に当たっては、訪問先や出発地の感染状況を踏まえて判断するとともに、不織布マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染防止対策を徹底し、帰県後又は来県後は2週間程度の健康観察を行うようお願いします。

飲食について

飲食を伴う集まりは、屋内外にかかわらず、「長時間を避け」、なるべく「普段一緒にいる人」又は「ワクチン接種を受けた人」と「マスク会食」を行うとともに、参加人数に応じた席の配置や換気の徹底など感染リスクの回避に留意するようお願いします。

ワクチン接種後の感染防止対策について

ワクチンを2回接種した後も、不織布マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染防止対策を徹底するとともに、感染リスクが高まる行動を控えるようお願いします。

イベント等の開催について

イベント等の開催に当たっては、「三つの密」が発生しない席の配置や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」など基本的な感染防止対策を徹底するようお願いします。

 

詳細はこちら(秋田県ホームページへリンク)